円筒形の銀色鉛筆(キリヌキ)を正体正面で撮ってみました



昨日、ボトルを使って円筒形ブツ正体正面のキリヌキ写真の撮り方をお伝えしました。今日はさらに正しく円筒形ブツ、「銀色鉛筆」を正体正面で撮ってみました。(なんか、やりたくなったのね..)




直径7mmという細いものなので、設置に苦労しましたが、なんとか平行でつながったハイライトを入れることができました。簡単そうに見えますが、小さいものの撮影は繊細そのもの。すべての角度を正確にしないとハイライトが平行にはなりません。昨日より、遥かに難易度高しなわけです。


それではセットをお見せしましょう。
昨日の正解と同じく、被写体の高さの中心と、カメラ、ライト(面垂直)、レフ(面垂直)の高さの中心に合わせています。(今日はレフ板も使いました)


次に、鉛筆の底ラインに「ライト」「レフ」の底を合わせます。
天板の上に鉛筆を立てて撮る方法に見立てたわけですね。(天板があると、鉛筆底よりライトなどは下に配置できないため)


おっと、予想外の横向き! てか、「B」ひどっ!
こんなに小さいものでも、円筒形ブツの正面は、天板に立てて正しくライトすることはできないんですね。

ところで今日、右側ライトになっていた理由は分かりますか?
昨日のワインボトルは、通常「横配置」に使うことはありませんが、鉛筆なら「横配置」も十分あり得ます。その場合、文字がちゃんと読める向きにしますよね!? つまり、天が決まるわけなのです。(逆はあり得ない)

それを見越して、文字の上側、つまり右ライトにしたわけなんですぅ〜。
※細かい話だが、大切なのね。


最後に今回の被写体固定のために作った道具をお見せしますね。
下からの棒が鉛筆の底面からはみ出てないでしょ? これがとても重要!!

鉛筆より細い樹脂パイプに、黒テープで巻いて厚手の両面テープで貼っつけました。
あまりにも細いので、垂直に立てるのに一苦労しましたね。。
こう見えて私、細かい作業が苦手だったりしますからね…….。


shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください