トップライトを利用してグラデ背景を作るテク



今回は、背景のグラデーションのお話
被写体は重要ではないので気にしないでください。

グラデーションバックになっていますが、これは「TOPライト」を利用したグラデーションなのです。


ちなみに、トップとサイドからの2灯ライティングで撮りました


サイドライトを消してみると、こぉ。
少しだけグラデーションの濃度が濃くなりましたね。


背景天板を「縦使い」にしています。
奥の方まで、写り込んでいるということです。
奥にいけばいくほど、TOPライトが届きにくくなっているということ。光のグラデーションができたというわけですね。


今回のTOPライトは前に開いている「逆TOP」の形。ですので、被写体後方すぐからグラデーションができています。
TOPライトの角度を水平にすればするほど、グラデラインが奥にシフトし、さらに「なだらかなグラデーション(淡い)」を作ることができます。

この調整は好みですので、ご自分の好きな感じに角度を調整すると良いでしょう。


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

なんやかんやと、あれなので、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク