ソフトボックスの光源面の拡張方法



長辺40cmのモノを「美しい光の撮影照明キット」でライティングして、真ふかんで撮ります。(カメラは天井に設置
つまり、50×50cmの面光源「50cmソフトボックス」でライトするということになります。


いい感じに撮れているように見えますが、光は全体をカバーしていません。よく見ると中心部だけ、やけに明るくなっているでしょ?


向こう正面の角度で見ると、被写体の周りの余白どころか、被写体全体もカバーしてないことが確認できます。

50cmの面光源で「40cm」のものをカバーするのは、さすがに無理があります。甘めに見積もって、30cmのモノがギリだと考えます。
このように光源面の大きさが足りない場合、プロカメラマンなら次のような対策をおこないます。


ソフトボックスより「大きなディフュザー」を作り、光源を離す。
今回は自作フレーム(90×90cm)に「ユポ」を貼ったものを使いましたが、トレペ垂らしなど、他のディフュザーでも構いません。肝心なのは「ディフュザーの大きさ」が同等であることです。


逆から見ると、このようにセッティングしています。ディフュザーとの距離は50cmくらいかな。まぁ、これで「90×90cm」へと、「光源面の拡張」ができたことになります。


光源面の拡張(90×90cm)をしたライトで撮るとこぉ。
これをみると、50cmソフトボックスだけでは、光の大きさが足りなかったことがおわかりになりますよね!?
大きな被写体をむらなくフラットにライティングができていますし、余白の端も暗くなっていませんし、、


ちなみにこのライティングでは、ソフトボックスのディフュザーを外しても、


さほど変わりのない結果となります。DFがないほうが、光のロスが少ないので、この形のライトを組んだ場合は、DFを外すことをオススメいたします。


50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

高演色LED電球 Sh50Pro-S

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 意味あるのかどうか怪しい「緊急事態宣言」が発令ちぅです。6/20まで延長だって..。どうせだったら7/31まで延長しろ、つーの。それの方が国民は納得するような気がします。
ともあれ、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください