黒背景はヒカリ物(被写体)をよりピカピカに見せるのだ!



えーーーー、小物ブツ撮りのライトセットの決定版!「美しい光の撮影照明キット」+「26cm横棒」で作ったトップライトのセッティングです。
このライティングセットで、ミラー仕上げの「ラチェットソケットセット」を撮ってみました。


白背景に置いただけで、このようにキレイに撮れました。
しかしですね、、このような光り物では、少しの工夫することで、さらにピカピカを強調して見せることができるのです。


その方法は、ズバリ! 背景を黒く(暗く)することなんです!


ね? ピカピカが強調されたように見えるでしょ!?

今では見られなくなりましたが、昔、表参道などでアクセサリーの路売りは、指輪などの光り物を「黒いべっちん」に置いて陳列していたとおもいます。これも同じ原理。高級なダイヤモンドの指輪のケースの内部も「無反射・黒」になってることが多いとおもいます。

これは単純に白背景に白のものを置くより、黒背景に白いものを置くほうが目立つという、ごくごく当たり前のことだけなんですけどね。

今回の撮影セットでは、無反射の黒である「ウールペーパー(109cm×10m)」を使い、よりピカピカ強調しましたが、ただの黒でもそれなりに効果が期待できます。

このように、被写体をより目立たせたいときは、背景とのコントラストを最大にすることが有効です。ですが、これとは逆に「洒落た感じに演出」したい場合は、背景とのコントラストを低くする方法もあります。いずれを選ぶのも、作り手が決めることですから、よくよく考えて背景を選びたいものです。

美しい光の撮影照明キット

 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 意味あるのかどうか怪しい「緊急事態宣言」が発令ちうです(今日の数字みると、怪しいことが証明されたか!?)。ま、少しは我慢することにしましょう。でも政府のワクチン対応の遅さに、皆が気がつき始めたよ。平時じゃないんだから政府こそ「緊急事態」で対策してもらわない困るのね。一日100万回接種して、65歳以上の高齢者(3617万人)だけで、1回目が終わるのが36日かかるということになります。偉い人は、この数字の意味、本当にわかってるのかな?
ともあれ、、引き続き更新メールの配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください