「垂直被写体(壁掛けブツ)」を歪ませない撮り方(照明のポイントも少し..)



壁などの「垂直面に取り付けた被写体」を撮るときに、
やってしまいがちな失敗は、立った目線のままの高さで撮ってしまうことなんです!


つまり、少し見下ろしたアングル。


なんとも落ち着かない歪んだ写真となってしまいます。


そうならない(歪ませない)ようにするには、
目線(カメラ)の高さを下げて、被写体にレベルを合わせます。(被写体の高さの真ん中にカメラの高さを合わせる)


つまり、「水平構え」です。


最近のカメラには「レベラー(水準器)」が内臓されていますが、実はそれほど、あてになりません。「カメラ用水準器」を使うと、より正確にレベルを合わせることができます。


ねっ? これを見ると、さっきの「立ったまま見下ろし目線」が間違っていたってことに気がつくのではないでしょうか。(全て、ちょっと広角レンズの35mm使用)


被写体のとレベルが合った「水平構え」をしたとしても油断は禁物。ライト位置に注意しましょう。(特に平面の被写体において)


今回のように、壁に対してやや斜め方向から構えた場合、被写体より奥側(この現場写真では右側)からライトを照射すると、写りものの被写体では、高確率で「テカり(光源の反射)」が発生します。
テカりを回避するには、ライト位置を壁と直角方向の延長線上にライトを配置すると良いでしょう。(ど正面から撮る場合は、もろテカります)

直進する性質の光を平面に照射したとき、「入射角」と「反射角」は等しくなります。鏡を想像していただければ、わかりやすいとおもいます。さらに例えると、真っ直ぐ付いたビリヤードの白球を台の縁に当てた時も、入射角と反射角は等しくなるはずです。(スピンをかけるこの例えは成り立ちません…つか、このビリヤドの例え必要?)

まぁとにかく、壁面を少し降った角度からの撮影では、被写体直角正面にライトを配置すれば良い ということを覚えましょう。

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

高演色LED電球 Sh50Pro-S

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を自粛中。


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください