50cmソフトボックスは便利な「シェード付きソケット」でもある。



連日の360°カメラの話題に食傷気味な読者の皆さま、こんばんは。
今日はそれとは違う話を絞り出しました。

さて、手作りディフュザー枠です。120×120cmあります。DF面から少し離れたところ(約50cm)から「 高演色LED電球Sh50Pro-S 」を照射している図です。大きな面光源ができていますよね!? ま、それは良いとして..これだけでは、ツメが甘いです。

良く見るとDFの左側背景紙に「直漏れ」している光が確認できます。この直漏れですが、スタジオ撮影にとって「雑味」なわけで無い方が良いものです。(というか、あったらダメなもの)
プロの現場ではこの漏れをなくすために、黒ケント紙をつなぎ合わた「縦長の黒」を垂らして漏れを塞いだりします。光漏れを「別切り」するわけですな。面倒臭いですけど必要です。


次に、同じ距離を保ったまま、ソケットから「 50cmソフトボックス 」に変えてみました

良い感じにDF枠に光が納まっており、漏れはありません。そして50×50cmの面光源から、100×100cmの面光源へと、大幅にグレードアップしております。

今回「付属ディフューザ」は取り付けていないので直光の状態。つまり、ソフトボックスはDFを外すと、ランプシェードがついたソケットになるわけですね。


照射をみてみると一目瞭然!
ソフトボックス・シェードをされた方は、漏れなく「完全なる大きな面光源」と化しています!

「50cmソフトボックス」は、「シェード付きソケット」として元の実力以上の働きをするってことを覚えておきましょう。(プロ的にも「別切り」をしなくていいのは、たいへんにありがたい..)

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

高演色LED電球 Sh50Pro-S

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 現在、配信を自粛中。


 

カテゴリー: LEDライト機材, ソフトボックス, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください