ライカ ズミクロン-R35mm(3カム/E55)写りの特徴



今日はライカRレンズの話。
ズミクロン-R35mmF2(3カム/E55)です。このズミクロン-R35mmは、2世代目にあたります。初代とはレンズ構成が全く違うので、写りも違うと考えられます。
ライカレンズは独特な濃厚な写りが特徴ですが、その中でもさらに独特な描写をすると感じています。

今日はその写りの特徴の一部を簡単にお伝えします。
※全ての作例写真はクリックすると拡大表示されます!


◆開放(f2.0)で「遠景」でもピン面はしっかり写る

例えばズミクロン-R50mmなどで、遠景被写体(これは無限ではない)を開放(f2.0)撮ると、やや甘な絵になります。(なので、遠景はF4くらいに絞って使う)ところが、このレンズは開放でもピン面がしっかり写るところが特徴です。


◆開放(f2.0)では「周辺光量落ち」が顕著。
f4.0まで絞るとフラットな露出になる


多くのレンズ(ライカレンズに限らず)は開放では「周辺光量落ち」が少なからず発生します。この時代のライカレンズは開放(f2.0)では、極端に「周辺光量落ち」が発生します。ですが、私はこの「周辺光量落ち」はキライではありません。これはバグではなく「味」と考えるべきだとおもいます。
なお、2つ絞って「f4.0」にすると、ほぼフラットな露光になります。(ライカレンズは2つ絞ると正統派な写りになることが多い)


◆最短撮影距離は30cm未満。近距離のボケは独特な味わい

LEICA-M用の「ズミクロン35mm」の撮影最短距離は70cmです。Mレンズは小さくてよいのですが、RレンズがMより優れている点は、この最短撮影距離が極端に短いという点です。(一眼レンズの強みです)

最短撮影距離(30cm未満)で撮影すると、ピン面以外の独特なボケは「浮き立たせる立体感」を演出してくれると感じています。特に私はその「前ボケ」の不思議な表現が気に入っています。もしかしたら、この「近接撮影のためだけのレンズ」を一枚内臓させているのではないか?とも怪しんでいます。他のライカレンズと、その点で少し違う気がしてなりません。


◆中距離の開放写真の「とろ〜り」な世界。

この距離がもっとも多く使う距離だと思います。開放で撮ると、車のような硬質な被写体をとっても「とろ〜りとした世界」になるのは独特です。ちょっとしたスナップでも、開放で撮ればこの世界になるのですから、このレンズは全く手放せません。しかも、ピン面はしっかり写っているのですから。


◆ライカの設計思想を反映する真ん中のピン面が浮き立つ写り

この写真どう見ても「ラーメン・サンプル」にしか目が行かないとおもいませんか!?そう、それがこのレンズの表現(開放)です。それに「上カツ丼」の切なげな前ボケはたまりません。ツァイスの優等生のそれとは一線を画します。(セロニアス・モンクのピアノのように…)


◆蕎麦屋の中華の部。最短撮影距離付近でラーメンを撮る

サンプルを見ていると、ついついお店に入って、蕎麦屋なのにラーメンを頼んでしまいました。このレンズの撮影最短距離(30cm未満)で撮りました。ね?真ん中が浮き出るようなこの写り(周辺のボケはわりといい加減)。やはり近接撮影用レンズが仕込まれていることが疑われる一枚だとおもいます..。

ところで、初めて食べる、この蕎麦屋のラーメン、、大当たりでした。ちゃんとラーメン、私が苦手の魚介系とかじゃなく、鳥ダシ清純派しょうゆラーメン。しかも濃厚な味わい。余計なことしなくて、これでいいんですよ、これで..。ということを、現代のラーメン屋さんに知って欲しいです。。(とにかく魚介ベースは断固反対!コシのある手打ち麺も反対!つけ麺は意味不明。勘弁してください..。いずれも個人の感想です..)

あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓
shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & α7R IV & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください