トップライト照射位置の基本



今日は、ブツ撮りライティング(商品撮影ライティング) としては「スタンダードなライティング」である「トップライト」のお話をします。


トップライトの照射位置は、ざっくり分けると「3種類」あります。「フロントトップ」「真トップ」「逆トップ」です。つまり、被写体より手前から(カメラ側)・被写体の真上から・被写体より後ろから、ということです。


それぞれの写りはこのようになります。

・フロントトップは、被写体の発色が良い
・逆トップは発色が鈍いが、りんご上部のツヤ感が演出できる
・真トップは、その中間の良いとこどり。このアングル(≒45°)では、一番扱いやすい。


「フロントトップ」は確実にモノ照らせますが「ベタ光」なので愛想がない感じです。なので、ブツ撮りではあまり使いませんが、人物撮影では「フロントトップ」は、もっとも使われるライティングです。

「逆トップ」は味わいがでますが「説明不足の絵(影で見えない部分が多い)」になりかねないので、扱いは難しいです。

ブツ撮りでは、ビギナーの人は「真トップ」を選ぶのが懸命ではないかと考えます。


次に上記と同じライト位置で、カメラ下に「 秘伝のレフ板(手作り) 」を配置してみました。


全てを並べてみました。

一番わかりやすいのは、カメラ下のレフ板は「逆トップ」のライトを受けやすく、影部が明るくなり、効果てきめんだということがわかります。

どれが一番良いとかではなく「お好みの世界」になります。発色を重視するか、ツヤを重視するか、影のでかたを重視するか、それは撮影者本人が選ぶべきことだとおもいます。

美しい光の撮影照明キット

shop-top

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください