最近のSONY機では「USB給電撮影(&本体内充電)」ができるって知ってたかい!?







「SONY α9」です。

SONYユーザーさんならご存知でしょうけど、
α9では「USB給電撮影」ができます!
※「microUSBケーブル」を介して「モバイルバッテリー」や「USBチャージャー」で「給電」できる(セットアップメニュー「USB給電=入」にしてください)。ただし「本体バッテリー」も必要。

電源OFFにすると「本体内充電」になります。(つまり、USBチャージャーがあれば、充電器の持ち運び不要となる)
※α7、α7R、α7s、α7IIでは「本体内充電」のみ対応(USB給電は非対応)。

最近のSONY製フルサイズミラーレス機では、
α7RII、α7sII、α9、α7RIII、α7IIIで、
USB給電(+本体内充電)可能!、ということになります。
※α7RII発売以降に発売されたカメラは「USB給電」対応ということです。

CanonやNikonユーザーの方、さぞかし、悔しい感じでしょうね。。
※ちなみに、最近発売のEOS KissMでも「本体内充電」すらできません!


今では多くのスマホユーザーが「モバイルバッテリー」や「USB充電器」を持参しています。これらがデジカメでも使えるのは、便利なことこの上ない。。というか、デジカメも使えて当然!であるべきだと思うのですが、いかがでしょうか!?(せめて「本体内充電」はできてほしいよね..)










ちなみにソニー様の「アクションカム」
SONY FDR-X3000でも「USB給電 & 本体内充電」可能です!

バッテリーの容量を気にせずに「タイムラプス」とか、長回しができるって素晴らしい!!









さらに、、
バッテリー容量が少ないのが「玉にキズ」 な SONY Cyber-shot DSC-RX0でも、
「USB給電 & 本体内充電」可能です!

というか、
極小バッテリーのRX0で「動画撮影」をする場合は「USB給電」が不可欠となります!(内臓バッテリーだけじゃすぐ切れちゃうよ..)










ちなみに「USB給電」状態になると、
このような「コンセントプラグアイコン」が表示されます。








うぎゃー!自社の宣伝が何もないSONY様の宣伝ブログになってしまった….。得することは何もないのに…。
売り切れ状態が多い「セミハード・キャリングケース【37L】」「セミハード・キャリングケース 75(コロ付き 長モノケース)」「天使のアンブレラ Silky WHITE-100」が、今ならあるのに勿体無い…。(2018.5.3現在)
↓ GWで忙しいでしょうけど、よろしければショップも見てってね。。

shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*