ベタな京都のスナップ写真で「SONY DSC-RX0」の優秀さを語ったった。










えー、ぼちぼち京都の話はお腹いっぱいでしょうけど、、これしかないので仕方がございません。(許しておくれやす..)で、今日はSONY DSC-RX0(← 飽きたかもですが、、、)で撮った比較的ベタな京都なスナップ写真を並べて、このカメラの優秀さを語っていきたいとおもいます。

まずはベタ中のベタ、四条大橋から上(北)の方を望んだ鴨川を撮った写真です。小さなカメラでも、ちゃんと写っていますよね〜。ごまかしがないですよね〜(さすが、大型1インチセンサー)。24mm相当レンズなのに歪みがないですよね〜。(さすが、カールツアイス単焦点レンズ)
















こちらは吉田神社境内にある「菓祖神社」の社です。お菓子の神様みたいですね。

ね? こちらも誤魔化さずちゃんと写っているでしょ!? 塀も正しくまっすぐですし。。。 屋根や森や玉砂利も精細に表現されていますし、、















ここは名もなき墓地の入り口にある小屋。お地蔵様が鎮座しておられます。

よくよく考えると、かなり正しい「内観写真」ですよね!? RX0のレンズの優秀さを伝えるには、この写真が一番わかりやすいかも。。

歪まない「内観写真」を撮るには「カメラを前後を水平に保つ」必要があります。 多少の「左右の傾き」は、編集時に簡単に回転調整できますが、「前後の傾き」を直すことは難しいです。

つまり、カメラの前後を傾けずに「水平」にし、撮影時に「カメラの高さ」で構図の調整をしろ!ってことです。(菓祖神社の写真もこの撮り方です)















夕暮れの四条通りです。「冬の夕暮れの京都の空気感」をよくとらえているとおもいます。スマホ写真じゃ、なかなか、この空気感が写らないのではないですかね?「1インチ大型センサー」の懐の深さを感じますよね。。。








え〜、このブログは寺町の外れのお気に入りの喫茶店で書きました。で、この後、新幹線に乗ります。。夜には東京ですかね。。。














shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*