24mm(RX0II)50mm(α9)同時録画4K動画の編集2段階ズーム実験



えーーーーー、昨日のアレに似ている機材装備ですが、今日のは全然違う目的の実験です。


動画用三脚に装着されているのは「SONY α7RII」と「SONY RX0II」、いずれも「4K/30p動画機」です。


50mm装着レンズフルサイズ4K機(α7R2)と24mm相当4K機(RX0II)で同時に動画録画をしようという試み。

実は連休明けから始まる「学校案内動画」の撮影が控えており、その撮影オペレーションを思案おりまして、、

※ GIFのフレームが動きます(動かない人ごめんなさい..)

仕上がりサイズはフルHD(1920×1080px)ですが、その面積比4倍ある「4K(3840×2160px)」で撮影し、編集でズームするという方法を考えております。しかも、2つの焦点距離レンズを2段階ズームを合わせたらどーなるか!?的な、馬鹿げた発想が思いついてしまったわけなんですよ。とはいえ、なんでも試してみないと分からないですから、ちと実験したわけなんです。

※ご覧の「一流RQ霧島聖子」の動画があるのは、→コチラ!


今回の実験で試したのは、残念ながら一流RQ霧島聖子さんではなく、白金台の児童公園にある普通の花壇。。それを換算「24mm→48mm(RX0II)」+「50mm→100mm(α9)」の編集2段階ズームインと、「100mm→50mm(α9)」+「48mm→24mm(RX0II)」の撮影時パン&編集2段階ズームアウト。。

実撮影に向けた簡単な実験ですが短い動画に編集したものをご覧ください。



実験のため、完成度が低いものなのをご了承ください。

なるほどなるほど、こーなっちゃうのね。。。完成度が低すぎてアレですが、ズームレンズを持っていない私としては、一つの技になる予感がしております。あそこをこーやってあーやると、面白いカメラワークになるかもって感じです。大切なのは、この継ぎはぎな動画ながら「時間軸は完全に合ってる」ということ、、、

ま、一瞬ながらトリッキーな映像が作れることが確信できました。(しかも、撮影はいたって簡単ですし..)


一流RQ霧島さんの画像を少し使いましたので、その照明機材をご紹介させていただきます。
↓ 2019.5.4 現在「折スタ バージョン」のみのご提供です
美しい光の撮影照明キット

↓ そして、わりとウケが良い、私中居が作った外部記事の宣伝。



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, プロ用LED照明機材, ライカレンズ, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください