ダボ・スピゴット類」カテゴリーアーカイブ

スタンドの途中やポールに照明機材をよりスマートな固定方法を考えてみる(携帯重視)

ライトスタンドの途中やポールなどに、照明機材を固定するとき、「16mmダボ付Cクランプ」という機材を使います。 ですが、挟むパイプが細いと「照明機材」をつけると、ご覧のように首を振ってしまいます。(写真はパン棒付スピード … 続きを読む

カテゴリー: 接続系機材の世界, カニクラ。, ダボ・スピゴット類 | コメントする

日本で一般的な「17mmオスダボ照明機材(陰謀?)」を使うための大切な道具

例えば、「軽スタ」の先端ですが、「標準」では、穴がなく、金属の棒が突き出ている「オスダボ」です。(世界標準規格のスタンド) 「世界標準規格」の照明機材(雲台にダボ穴がある)を取り付けるときは、そのまま、差し込めば装着でき … 続きを読む

カテゴリー: 接続系機材の世界, クランプ, ダボ・スピゴット類 | コメントする

ハーフダボのAとB。フレキシ棒につけると「ダボダボ棒」になります

今日はダボの話。 弊社取扱機材に「ハーフダボ」というものがあり、「A」と「B」の2種類あります。 内容は写真内でご説明通り。 ねじ&ねじ穴の棒、「フレキシ棒」に、この「A」と「B」をつけると、「ダボダボ棒」になります!  … 続きを読む

カテゴリー: 接続系機材の世界, , ダボ・スピゴット類 | コメントする