面光源は被写体にできるだけ近づけろ!の説明動画



こちらの動画(無音)は、
面光源(50×50cm)から被写体(直20cmのボール)までの距離を5段階(10cmきざみ)に変えた時の写りを比較 したものです。(ボールの露出をなるべく揃えて調整)

ボールだけに注目してご覧いただく と当ブログで訴え続けている
「面光源は被写体にできるだけ近づけろ!」の意味を理解することができると思います。


「ライト(面光源)が遠い」と背景を含めた広い範囲を明るくすることができます。しかし、肝心の被写体は局所的(上面の一部)に明るくなり、ちゃんとライティングされません。


一方、「ライトが近い」と被写体の上面全体(ボールの幅)が均一に照射されます。それと同時に縦面(高さ面)照射され、被写体全体をカバーしています。上から下への光のグラデーションができるので立体感も表現されます。

ただ、ライトを被写体に寄せているので、背景を含めた広い範囲には照射できません。そもそもこれは被写体用ライト。
背景も明るくしたいのであれば、面光源自体を大きくするのが正しい答えです。(今回の場合では、最低でも面積比4倍にする必要あり)

「面光源は被写体にできるだけ近づけろ!」は、それほど大きくない面光源を効率よく使うための技 なのです。逆をいえば、「巨大な面光源」であれば、ギリギリまで寄せなくても美しいライティングができるということになります。

とにかく、「ライトギリ寄せ」はキレイなブツ撮りをするため、ぜひ、覚えていただきたい基本的なライトテクなのであります。(ここまで口酸っぱくいってるのは、それでもライトが遠い人が多いからなのであります)


 26cm横棒 (50cmソフトボックス用)

shop-top



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください