ライティングを追い込む正しい順序「ライトの方向決定 → 光の質を選ぶ」



撮影のライティングを追い込むには、正しい順序があります。多くの方は、色々ごっちゃになって、結局迷うことになるのではないでしょうか?
今日は、それを「飯茶碗1灯ライティング・レフなし勝負!」をおこない、整理して考えてみたいとおもいます。

①先ずは、ライトの方向を探り決めること!
ライティングで一番重要なことは、ライトを照射する方向です。メインの光をどこから照射するかによって結果が決まります。
ご覧の4つの方向から高演色LED電球」の直光を照射してみました。
※ 今回は、照射効果がわかり良いように、床反射の影響が少ない「黒背景」を使用しています。


結果を見てみると、「逆トップ」は雰囲気がいいものの、飯茶碗の外が何にも見えません。「見込み(内側)」を見せるにはようでしょうけど、外柄を含めた全体を見せるには、カメラレンズ下に「レフ板」が必要になります。レフ板を入れた写真
※今回は「レフ板なし」が前提条件。


今回の状況では、この飯茶碗の見どころである「胴(外側)にレリーフされている花柄」が、ちゃんとに見える「ぎりフロントトップ」の照射方向が正解でしょう。
※実はこの「直光」が、正確に光の方向(位置)を見極めやすい(面光源では、正確な方向がわかりにくくなる)

要件を満たしているので、この写真でも、私は「アリ」とも考えます。(昔だったらコレで正解という時代がありました)今回はさらに追い込んで(今風にブラッシュアップ)いきましょう。


②ライトの方向を決めたら、光の質を選ぶ
多くの人は先に光を柔らかくしたいがために「面光源」にこだわったりしますが、実は順番としては「光の方向」を決めることが先なのです。ただ、「面光源」を使った方が良い場合が最初から想定できる場合は、便宜上「面光源」をこしらえることをします。

重要なのは「ライトの方向決定が先!」という大原則!
今回は正しい順序で進めます。先ほどの「光の方向」を全く変えずに、「ディフューザー」を手で持って、光を透過させてみました。つまり「面光源化」するってことですね。


面光源化しても、おおむね、先ほどの結果順と変わりませんね。やはり、「ぎりフロントトップ」だけが、胴の花柄が具体的に見えます。
※説明記事のため、4つ全てDFをかけてみているが、①で「ぎりフロントトップ」がベスト!と決定しているので、実際は「ぎりフロントトップ+DF」だけやれば良い(撮影作業の効率化)


①の直光の「ぎりフロントトップ」の良いところはそのままに、
優しい表現になりました!


ライティングについて、ごちゃごちゃしていた頭の中が少し整理できましたかね? 「①ライトの方向決定」→「②光の質の選択」は大原則だとおもいます。先ほども申し上げた通り、セットを作る便宜上「光の質」を先に決めることはありますが、大原則を忘れちゃいけません。

ライティングにおいて、被写体をじっくり見ながら、そのブツが魅力的みえるベストな「ライトの方向(ライトの配置)」を探る作業が、最も重要だと考えます。それを見極めて決めることこそ、あなた(撮影者)のクリエーティブなのです。
※今回は前後位置だけの話になったが、実際には加えて左右の位置調整が加味される

↓ 2021.11.07現在、「LED電球Sh50Pro-S」は「売り切れ中」です。再販売まで少々お待ちください。(11月中旬くらいかな?) Sh50Pro-Vならあります。
 高演色LED電球 Sh50Pro-S

shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

感染防止の制限がなくなったので再開します! よろしこ。↓


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください