近接距離撮影(0.45m)の各絞り値によるピントの深さの違い



昨日の記事で、フルサイズカメラ + 60mmレンズ 使用で、小物ブツ撮り(近接撮影)絞り値は「F8」くらいが良い と申し上げました。

今日は、それがなぜ「F8」なのか? を検証していくため、このレンズの「全絞り」の近接撮影写真を撮りました。

昨日の被写体(約5×5×3cm)の横に小さな「曲尺」を置き、曲尺の「5」の位置(約0.45m)にピントをあわせ、ピンの深さがどこまで変わるかをみていきます。ちなみに、横の被写体の「PD」と印字されたポイントもピントがあっています。



まずは開放値の「F2」。「5.0」にピントがあっていますが一番ピントが浅い状態。これが基準となります。


絞り「F4」。奥5.5:手前4.5 のあたりまで、ピントの深さが少しだけ伸びました。


絞り「F5.6」。奥6.0:手前4.2 のあたりまで、ピントの深さが伸びました。


絞り「F8」。奥6.5:手前4.0 のあたりまで、ピントの深さが伸びました。


絞り「F11」。奥7.0:手前3.0 のあたりまで、ピントの深さが伸びました。


絞り「F16」。奥8.0:手前2.0 のあたりまで、ピントの深さが伸びました。


絞り「F22」。奥10.0:手前1.0 のあたりまで、ピントの深さが伸びました。


写真をクリックして拡大して比較していただくと、詳細がよくわかります。

今回のような0.45mの近接撮影では、1段絞っても、mm単位のピントの深さしか稼げないことがわかります。

で、横の昨日の被写体に注目してみると、「F8」あたりから被写体全体にピントがきてることがわかります。もちろん、それ以上の絞りでももっとピントが深くなって良いのですが、シャッタースピードが遅くなりますし、不要なところまでのピンの深さは必要ないので、頃合いのいい絞りが「F8」くらいではないかと申し上げたのであります。(絞りすぎると「レンズの回折現象」なるものがおこり、かえって不鮮明になるという理由もあります)



最後に、皆さんが見たい部分をまとめてみました。比較しやすくなるとおもいます。

で、今回の記事で曲尺を使ったので「長さのmm」で見がちですが、これはあくまで「水平の距離の値」です。60°見下ろしアングルで撮っているわけですから、ピントの深さの伸びの距離とは異なることをご承知おきください。(曲尺の数値は目安です)


↓ 今日もこれ使ってライティングしましたし、販売ページボタンを置いときます。

 22cm横棒(撮影照明キットオプション)


shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct

↓ 意味があったかどうかが怪しい「緊急事態宣言」は解除されましたが、当面の間、引き続き、配信を自粛いたします。(読者様の心理的ストレス軽減のため)


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください