【丸い面光源】ツヤものを優しく見せる効果があるっぽい。



六口の馬上杯(ぐい呑)の写真です。光源はストロボですが、少し「特殊な照明機材(面光源)」を使っています。何か気がつきませんか??



この写真も同じ照明機材を使いました。わかりませんかねぇ?
徳利の首の部分や、馬上杯の見込み、をよーくみてください。


寄ってみると「丸い光の写り」が確認できますよね?通常のソフトボックス(面光源)を使うと、四角く写り込んじゃうんですよね。それがどうしてもイヤだったもので、黒くて丸いマスク(黒ケント紙)付ディフューザを自作し、光を無理やりまるくしちゃったわけです。(25cm角の小さな自作ソフトボックス)

光の写りが丸いと、ぐい呑や徳利が「優しく」見える効果があると思うんですよ。。




さらに言うと「白磁」の丸い壺などでは「丸面光源」必須ではないかと、、(四角い光だと、最悪カタチが変わって見える可能性あり)


↓ 直径14cmの丸だから、本記事で使用した中居自作の丸より小さいです。
ちっちゃいもんだったらライティングできるかな。。

rpad112_004 LEDビデオライトRpad-112 ポータブル


↓ 優しい光のおおよそ直径45cmの大きなLED面光源。
白色タイプだけ1個だけ在庫あり。
撮影用【丸型】フラットパネルLEDライト Rpad-450


shop-top

nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】, プロカメラマンに役立つ話。 パーマリンク

2 Responses to 【丸い面光源】ツヤものを優しく見せる効果があるっぽい。

  1. K2 のコメント:

    前に掲載された50cmソフトボックスを「小さい光源」として使うための「シェード」の作り方のシェードの円形の穴を開ける感じでも良いですかね。磁器の釉薬の反射を消そうとばかり、していましたが、キレイな形に映り込ますという手もあるんですね。試してみよう。

    • 中居 中也 のコメント:

      50cmソフトボックスを「小さい光源」として使うための「シェード」の作り方

      ↑ これですね。経験上の勘的には、30cmくらいの円を真ん中に空けると良いと思います。円光源で使う場合、地べたまで低くなることは少ないと考えられるので、光ムラの少ないど真ん中が良いと思います。


      別の方法としては、大きなディフューザを単独で張り、その少し後ろから高演色LED電球(ストロボでも可)を当てて、ディフューザーにグラデーションがある円形ライトにするという高度な方法もあります。光の写りがグラデーションのある丸になるということです。

      ただ、この方法は背景を含めた全体が明るくなってしまうので、暗めにはできません。また、色絵がある場合、実際より淡く写ってしまうこともあります。(セットが複雑で面倒ですし)


      なので、潔く「丸光」を写し込む、、というのが、良いかなぁと思っています。色絵などが施されたものだと、絵の良いところを外して照射することもできますし、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください