小さい面光源(ソフトボックス)のサイド光で攻めまくった茶碗作例



若干、昨日の話 の続き。。

これは、とある茶室の内観写真。様々な採光のための障子窓があります。ここは障子窓が多いほうでしょうかね。

注目してほしいのは、様々な大きさの障子窓があるってこと。大きいのもあれば、小さいのもありますよね。つまり「 大きい面光源 」もあれば「 小さい面光源 」もあるってことになります。

もう一つ注目してほしいのは、その多くが 床(下)から光がある ということ。つまり、昨日言っていた、上からの光ではなく、横からの光 になるってことです。


この写真で説明しますと、手前の障子窓は「とても大きな横からの面光源」。一方の奥は「小さな横からの面光源」。
ちなみに、多くの茶室はもっと障子窓が少ないでしょう。小さい障子窓が一つしかないところだってあります。

この一つの「小さな障子窓」を想定して、私は「茶碗」をライティングすることが好きです。その思想で撮った写真はこぉです!御覧ください。





凛とした緊張感のあるカッコよさは半端ありません! 利休さん以降、おおよそ400年以上、切磋琢磨した前衛的なものですから..。(横光で使うことを想定し、攻めて作られたものでしょうから..)

このときは(10年くらい前)、自作した小さなボックスにクリップオンストロボを仕込んで「極小窓」に見立てて撮りました。「25cm×25cm」「50cm×25cm」の2種類の「面光源」を寄せて使いました。茶碗を撮るには、これくらいがちょうど良いかと、、、、

「小さい面光源」をサイド光(寄せた)は「被写体だけ」を照射でき、背景を暗くできることもメリットです。 背景が暗いと、茶碗が浮き立って見えるでしょ?


横からのフォルムだけじゃなく、小さなサイド面光は、「見込み(茶碗の中身)」も、和らしいライティングができます。


茶碗の高台側も、この通り…。

当時は、ストロボを仕込みましたけど、今だったたら「 50cmソフトボックス 」に、「 高演色LED電球Sh50Pro-S 」を仕込んで、縦半分を「黒ケント紙」を貼って遮光。「50cm×25cmの面光源」を作ったものを使うとおもいます。

だって「見える光」だと、もっと繊細な光位置に調整できます からねぇ。。更に作品の品質を高められることでしょう。

あ、でも、ディフーザーは「障子紙」に替えたほうがモアベター でしょう。だって、被写体が和モノ ですから….。

↓ E26のソフトボックス単体ね。
50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)

039|撮影用大光量50W 高演色LED電球

↓ ソフトボックス + 高演色LED電球 + スタンドのキット!
美しい光の撮影照明キット

【おことわり】
今回の被写体は、とんでもないスター選手ばかりです。言い方を変えると、「絶世の美女」ばかり。。ふつーは触ることさえできません。という点は、かなりズルしているってことかもですね。



nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, 【ブツ撮りの基本】, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください