【新製品速報!】遂に「次世代型 撮影用LED電球」が開発される!!!!!!!!②










次世代型 撮影用LED電球の続報です。どうやらこの電球は箱を見ると「E26」のソケットが使えるようです。そして、今回新たに2種類存在するということが分かりました。

型番の末尾が「-S」ってのと、「-V」ってのがあるようです。(外観は同じ)








それでは、末尾が「-S」って方からみていきましょう。








こちらが重要なことが記されている面です。つまり、スペック(仕様)が記されている面です。

この写真から「スペック面」を画像処理(パース処理)で無理やり「正面」に向けて見やすくしましょう。












・ 90V-110V仕様
・ 60Hzと記されているが、50Hzでも問題なく使える
・ 色温度は5300-5500Kのデイライト
・ Ra95以上(Ra100=完全太陽光)
3750ルーメン


※すでに弊社で販売中の「撮影用大光量45W高演色LED電球」は、300wアイランプより明るかったので、300wアイラン仕様のルーメン値(5200lm)から推定すると、5000ルーメン以上と推定される。ということは、「撮影用大光量45W高演色LED電球」と比べてやや暗い。(-0.3EVほど)

【 2017.10.4訂正 】
ベータ版の時に比べてみたら、確かに少し暗かったのですが、製品版で測ってみると、「撮影用大光量45W高演色LED電球」と同じことが判明しました!!!








箱書きからわかる「-S」って方の特徴でした。次に同様に「-V」って方の仕様をみていくことにしましょう。












・ 黄色マーカーラインの仕様は「-V」と「-S」は全く同じ
・ ピンクマーカー部が追加されている




画像処理で無理やり「正斜投影」しているので、一番下の情報が不鮮明です。そこで、その部分を画像処理を駆使して読みやすくしてみましょう。













「Android」とか、「Google Play」とか、「iOS」とか、「App store」とか、聞き慣れた単語が沢山でてきてますね。。これの意味するところは!?( Google PlayApp Store

続く、、、、、






【新製品速報!】遂に「次世代型 撮影用LED電球」が開発される!!!!!!!!①





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*