【撮影機材DIY】15mmアルミパイプをDIYすると照明機材2個が1つのスタンドで使える便利な道具になることが分かりました!



渋谷の東急ハンズで、Φ15mm 長さ1mのアルミパイプ(1mm厚)を、ある目的のために買ってきました。700円くらいだったとおもいます。


58cm のところに記しを入れます。(定規の逆使いでしたが..)


して、それを パイプカッター で切断します。


長さ58cm、Φ15mmのパイプ ができました。


中央の29cmのところに、卓上ボール盤で 2.5mmほどの穴をあけます。


5.1mmのドリル刃を使い、更に大きな穴を貫通させます。


1/4インチのタップ切り で、ねじ山を切ります。


金やすりで、軽く「バリとり」をします。


やっと、でてきた弊社取り扱い機材 16mmオスダボ→インチねじ変換アダプタ(1/4インチ) を、穴にねじ込みます。


付属ナットを締め込むと..


すると、こんな棒が出来上がっていました!


押すダボ先スタンドに取り付けると..


スタンドに「T字状」の横棒が突き出したことになります。」

さて、これがどんな役割をするかというと、、


こうです!


裏から見ると、こうです!!

つまり、美しい光の撮影照明キット もしくは、50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式) が並列にたった一本のライトスタンドで固定できてしまったということになります。 


先日のこの撮影の時に、これがあったらどれだけ便利だったことか、、と思います。


詳しくお見せするとこうね。。

さらに、、、



変換の横穴に挿しかえるだけで、縦つなぎに!!

この組み合わせの場合「100cm×50cm」の面光源が縦横どちらでもできるってこと!



「美しキット」の縦つなぎ作例は、先日のこれね。


折り畳めて軽いST」と、このDIY棒、どちらも長さ60cm未満なので「国内線飛行機 機内持ち込み可」 というオマケ付きです。

試作なので、製品化するかどうかはわかりませんが、本記事の通り頑張れば、この軽くて便利な棒ができるってことなのです。(今のところ、頑張ってDIYしてください)

何にせよ、ライトスタンド1本でこれができることは発明だとおもいますよ。

※要望があれば、今後製品化しても良いですが「手作り商品」になってしまうと思われるので、仕上げ感など、完成度は低いものになります。(道具としては、ちゃんと使えるものにはしますけどね..)

16mmオスダボ → インチねじ変換アダプター

 大光量高演色デイライトLED電球だからRX0でも撮れる!
美しい光の撮影照明キット


 039|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro-S

50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)




nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材, 商品撮影初心者向けLED パーマリンク

【撮影機材DIY】15mmアルミパイプをDIYすると照明機材2個が1つのスタンドで使える便利な道具になることが分かりました! への1件のフィードバック

  1. いんどあ のコメント:

    50✕50は持ち運びに便利ですね。
    これを縦横に繋げて250✕150の面光源にしたら
    スタジオ撮影で良くやる箱バンが出来そう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください