600Wフォトランプ(アイランプ)と「45W高演色LED電球」の比較








押し入れから、今となってはとても珍しいものがでてきました!

私がかつて、某有名住宅メーカーさんのお仕事(住宅内観4×5撮影)をしていた時に愛用していた
「岩崎電気 アイフォト ハロゲンフラッド(散光形)600W」です。(電球をブルーにして、デイっぽく補正したもの)

よく売っていたのは、アイフォトの500Wでして、当時でもこのハロゲンの600Wというのは、東京でも探さないと中々、手に入らなかった記憶があります。

ハロゲン600Wは、500wに比べて「デイライト」に近かったので、600wを選んでいました。(それでも6000Kくらいはあるので、青かった..)





このアイフォトランプ(ハロゲンも含む)は、生産終了品となっているそうで、お店に在庫あるだけ、となっているようです。で、驚いたのは、その販売価格。




岩崎電気 アイランプ JPRF100V600WD [アイフォトハロゲンランプ フラッド]

岩崎電気 IWASAKI ELECTRIC PRF-500WD (デイライトカラー用) [アイランプ フラッド(散光形)]

岩崎電気 IWASAKI ELECTRIC PRF-500W [アイランプ フラッド(散光形)]

リンク:ヨドバシ.com




ウゲー、3000円くらいだったものがそんなに高くなってるの!?
※情報によると、1年程前にアイランプ商品の大幅な値上げがあったそう..。









ってことは、コレって全然高くないのでは!?(むしろ、安いか!)





まぁ、その働きが、どーか?って問題もあございますので、真面目に比較することにしてみました。(アイランプ300Wとの比較は、コチラ!












まずは、「明るさ」「照射範囲」、それに「光色」を比較してみましょう。

1.35m幅の白の背景紙(スーペリア#28)に向かって、50cmの距離から照射したもので比較してみます。もちろん、ホワイトバランス設定は「デイライト(晴天)」で!











うげげ! アイフォト ハロゲン600Wって、600Wもあるのに、こんなに暗かったけ!? というか、むしろ、「45W高演色LED電球」が明るすぎるというべきか!?

しかも、色も青いし、照射範囲も狭い。。。(よくコレを、リバーサルフィルムで使っていたよなぁ..って今になって思ふ)

※背景紙のスーペリア#28は、暖色系の白です。(スーパーホワイトではないです..)











次に、カラーチャート(良いヤツ)を撮ってみましょう! 写真の様に斜め上から照射、光源からチャートまで50cmほどです。






※同じ露光では、アイフォトの方がアンダーになってしまうので、現像時に合わせています。






アイフォト600Wは、明らかに青いですね。そして、発色悪いです。。。。






つまり、比較して能力を、まとめるとこうなりました!





アイフォト ハロゲン600Wと45W高演色LED電球の比較
アイフォト ハロゲン600W 45W高演色LED電球
光 量 × 暗い ◎ 明るい
照射範囲 × 狭い ◎ 広い
光 色 × 悪い ◎ 良い
(Ra95のほぼデイライト)
消費電力 × 600W ◎ 45W
熱 量 × ストーブのように熱い
(触ると100%ヤケドする。
消してもしばらく持てない)
◯ 熱くない
(発熱しても手で持てる)
1m落下性能 × 確実に割れる ◯ ほぼ壊れない
平均寿命 × 50時間 ◎ 20,000時間
価 格 × より高い ◯ より安い






えーと、残念ながらアイフォト ハロゲン600wさんは、全敗です。













さぁ、あなたなら、どっちを選びますか!?






↓ 住宅内観撮影していた当時、コレがあったらどんだけ幸せだったんだろう…
45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】


※類似商品にご注意!外見は「同じ」で高演色(Ra95)ではない商品が他で売られているようですが、それは中身が高演色LED素子ではないので、ご注意ください。( 100V仕様で、高演色Ra95以上なのは「039(ブランド名)」と記されたものだけ!









shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 | コメントする

円形15cmの奇跡!あのソケットでソフトボックスが使えちゃった事件!!








45w高演色LED電球が使えそうな市販の「E26ソケット」を探してみた

↑ 先日、家電量販店で購入してきた弊社取り扱い外品のソケット、防雨型クリップライトガンメタリックE26 CWX15053GM ですが、雲台部を緩めようと、思いっきり締めた「蝶ナット」を、緩めようとしたところ……。













指をかける蝶の部分が、飴のようににゅると曲がり、2枚とも壊れてしまいました…….。

あまりにも脆すぎる……..。(素材の質を落としすぎだろ..)

ホームセンターで、M6の蝶ナットを買ってきて、付け替えれば、直るんですが、、、この可動部の構造自体、ダメだったので、、、元に戻すのもあれかな….とおもい、、












ボールの付いた灯体を眺めながら「どーしたもんじゃろのー」と、、、考え込みました。












このボールは何の役にもたたないので、とりあえず、この突き出たパーツを外すことにしてみました。(中のナットを指で押さえながら、外側パーツを14mmスパナで回す..)









はい、このように離脱完了!









今度は、ランプシェードにくっついている、ねじやナットを取り去ります。










中側の14mmナットをスパナで押さえながら、外側のねじを8mmスパナで回して外します。










シェードについた、要らないパーツを全て分解することに成功!(赤丸のプラワッシャは後に使うので、軽く覚えておいてね。)










パーツを外すと「穴」がありました。

ん? 待てよ、、
穴があるということは何とかなるかもしてれないぞー!!
(閃いたのか!?)




















プラワッシャをアンブレラホルダの先端のねじ部にのせます。










内側から、用意した「1/4インチ用ワッシャ」と「1/4インチナット」を指で押さえながら、外側のホルダーを回し、先端ねじをねじ込みます。










手でできる限界まで、ねじ込みが終了したら、アンブレラホルダーをシェードの正面を向くように調整します。










内側の「1/4インチナット」を、11mmスパナでキツく締め込みます。(ホルダーの向きを変えないように…キツく締めすぎてねじ切らないように..)










何だか、「できそうなヤツ」が出来上がりましたね…。










例の「039ブランド|撮影用大光量45W高演色LED電球【Ra95/E26】」を装着し、スタンドにつけてみました。う~ん、凛々しいですね!!(傘穴も干渉せずにつかえまっせ!)










電源プラグをコンセントに挿してみると、、、おおおおおおお!! 明るく光ったぁ〜〜!(つか、それは当たり前なんだが….)










で、実はいよいよ、ココからが本番!(今まではフリでした…)
タイトルにつけた「奇跡」を、このあと、目の当たりにすることになるのであった!!









ファ!? ミラクルなフィット感..





うぉ!!!!! ジャスト光源アクリルから突き出るミラクル..




なんだ!このやられた感〜〜〜〜〜〜! パン棒付アンブレラホルダーは、片手で操作できる上に、強力なので、完全にオリジナルを超えた!
※1時間以上、連続点灯しても消えませんでしたよ。












防雨型クリップライトガンメタリックE26 CWX15053GM



そうです! ↑コイツのシェードの径が、たまたま15cmだったもんで、こんな奇跡が起きたのです!!!!(オリジナルの可動部はヘロすぎるので、ソフトボックスつけても、もたないデスよ…)




1367 QuickSoftBox for ClipON!
※LED電球でSBを使用する場合は、光量低下に繋がるので「インナーディフューザー(内部の布)」は外したほうがいいかも。




↑ コイツの他にも、この形の折りたたみ式ソフトボックスでは「15cm円が固定のマウント」になっているので、全て同じことができるとおもいます。( Godoxのヤツでも同じことができるよ! )





↓ 当然、これがないと始まらないよ! fbページ「いいね!」100超え中!
45wled-ra90_03_l 039
撮影用大光量45w 高演色LED電球【Ra95/E26】


※類似商品にご注意!外見は「同じ」で高演色(Ra95)ではない商品が他で売られているようですが、それは中身が高演色LED素子ではないので、ご注意ください。( 100V仕様で、高演色Ra95以上なのは「039(ブランド名)」と記されたものだけ!









shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー, プロ用LED照明機材 | コメントする

いろんな現場で活躍する「紗幕くん」









パンプロダクト謹製品。つまり、ウチでオーダーして作ってもらっているもの。他には、どこにも売っていないベストサイズの便利な紗幕!
紗幕200×130cm
継なし生地で使い勝手がとってもいいんです。














例えば、ベーシック・スタンド 70-240 に、伸縮式レフ固定アーム を取り付けりゃ、簡単に巨大な面光源「紗幕垂らし」に!

やりますなぁ、紗幕くん。。












ポイントは、「レフ固定アーム」の端で支えること!(レフのときは中心近くでしたが..)










ただ、この使い方をする場合は、必ずウェイトが必要です。(写真は、ウェイトケース「KURO」

で、紗幕くんの活躍は、これだけではありません。。











私がブツ撮りをする時に、良くトップに「イージー・ロールレフ 190 × 130cm」で「天トレ」を作ります。











その時に、「紗幕くん」は、サイドに面光源を追加する時にとても便利!!(というか、この絶妙なサイズ感は奇跡といっていいのでは!?)











だって、紗幕の両端を、クリップで止めるだけですもん。。

ピンと張りたいときは、下側の端の袋に「細い棒(重い方がベター)」などを入れると、重力でピンと張ります。

何にも入れないと、風の影響を受けやすいですから注意してね。











ま、今日、猛烈な春二番が吹いたから、仕方ないか..。(片軸で、アームとスタンドが耐えてるのを褒めようね..)







1407 紗幕200×130cm





応用編として、↓ ごげな使い方もあるぞな。
「紗幕200×130cm」にビニール紐を4本通すと便利になるぞ!





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: スタジオ撮影用品, 照明周辺機材 | 1件のコメント