魅惑の広角スーパーアンギュロン-R21mmのKYOTOスナップです







昨日から京都におります。。
昨日は、RX0のスナップでしたが、今日は少し違います。

ライカ スーパーアンギュロン-R21mmF4」を使います。ボディは「SONYα9」です。なお、ライカR用レンズですが、本当はシュナイダー製のレンズです。

このレンズの特徴は、21mmと超広角ながら「歪みがない」独特の描写です。みなさんが見慣れた21mmの絵とは、なんか違う感じがするとおもいます。

撮った絵はなんてことないスナップなので、あまり期待しないでね。。。







今日の京都は、入道雲が急に発達しいきなり暗くなるという天気具合でした。




力強い雲、、そして暗くなってきます。。




ついに、かなり強い雨が桂川を打ちつけます。





1時間ほど過ぎると、何事もなかったように最近の京都名物「猛暑」が戻ります。。街中にはその対策として、そこぞこで「ミスト」が降り注ぐ仕掛けを作っているようです。





動かしてみるとこぉ。。(α9の高速連写素材)

簡単い高速連写が撮れるのもいけませんね。だって、すぐに繋ぎたくなってしまいますもん。





四条新京極の端に昔からある「漢方薬屋」。このスーパーアンギュロンは威厳や風格がそのまま写る気がします。ちなみに、子供の頃はここを通るのが怖かった覚えがあります。ちなみにこの手前には、「ロンドン焼き」というその場で機械で焼いてくれるお菓子(洋風な暖かいまんじゅうのようなもの)があり、子供の頃から大好きでした。(京都なのにロンドンなんですよね..)





寺町通りにある「古本屋」。京都の古本屋の本は本当に古いところがミソです。





今日の最後はこの写真。この場所、見憶えある方いらっしゃると思います。そうです。RX0の「歪まない作例」で使いました..。
SONY RX0の「歪まない24mm」は安価な一眼ズームより秀逸なのだ


RX0の広角が優秀とはいえ、やはり、「フルサイズカメラ+スーパーアンギュロン-R21mm」に叶うものではないことだけはわかるのではないかとおもいます。。。(そん時とは、外の天気や季節が違うので単純比較はできませんが..)




※夜になって、急に親のスーパーへの買い出しの運転手を努めなければならなくなり、こんなに夜遅くの投稿となってしまいました。。。すみませんでした….。





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 | コメントする

【RX0スナップ】東海道新幹線に乗り西に向かう。



発売当日に予約購入し、このブログではヘンに推しているSONY RX0です。こんな小さくて、ズームもないのに、デジイチエントリモデルよりお高いカメラなので、フツーの人には「意味わからん」というところでしょう…。もちろん、当然、全然売れていません..。

でも、この「唯一無二・ONLY ONE感半端ない」ところは「美しさ」を感じてしまいます。

というわけで、今後もこのブログでは度々登場させるつもりです。

で、今日はその「SONY DSC-RX0」を連れて、「東海道新幹線」に乗り込む(だけ)のスナップを撮っていきます。








東京・品川駅です。「北改札」を入ったところです。24mm相当レンズですが、こんな写真でも「歪まない感」が伝わるのではないでしょうかね?




そのまま進むと、「東海道新幹線のりば」になります。





「新幹線のりば・北のりかえ口」の改札です。水平に構えるとコンデジとは思えない「歪まない描写」が際立ちます。全く正しい施設写真だとおもいます。






エスカレータで新幹線ホームまでおります。下に向けても、気品漂う広角レンズ描写になっています。






ホームにおりました。行き先表示板も正しく写っています。






隣の上り方面(東京駅行き)のホームを写しました。横に見事に美しく切り取られました。






ホームはお盆の帰省の人で、ごった返してきました。






といっていたら、本日乗り込む列車が、ホームにやってまいりました。








こんな風に….(RX0自慢の16コマ/秒の高速連写でGIFを織りなす..)









それでは、実際、N700Aに乗り込んでみましょう。
















そして、のぞみ号は列島を西に向かい、2時間15分、時速270km(最高)でひたむきに疾走します…..。(残念ながら、このGIFだけは、RX0の素材ではない..)













1224年の都、京都につきました。(東京よりはるかに暑いぞ!)






私とRX0を連れて来てくれた車両は、さらに西に向かって旅立ちます。(RX0の高速連写ね)





「流し撮り」もいい感じです。





最後に京都駅在来線ホームです。今では「京都線」となっていますが、実質「東海道線」です。京都駅のホームの造りは、昔からこんな感じだったと記憶しております。。(幼い頃の夏休みは「姫路」の奥の兵庫県郡部にあった祖父の家にいくのが慣例でした..)







ついでに撮っている今日の「RX0スナップ写真」。小さなボディに動作が快速だから、この程度のレポートは無理なくできましたとさ..。








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ | コメントする

【ブツ撮りの基本02】レフ板は「B4ボード×タテ2枚継ぎ」がベスト!








今日は「レフ板」の話。
テーブルフォトで撮るような小物の「ブツ撮り」に使う「レフ板」は、
「B4タテ2枚継ぎ」に限ります!










限る!って強い言い方をしましたが、
30年以上撮影に携わってきた私が導き出した「最適レフ板サイズ」なんです!

「A4」や「A3」では使いにくくてダメです! Aサイズのレフ板を推すような人もいるかもしれませんが、極めるとAサイズは「横長すぎる」んですよ。。玄人は「Bサイズレフ」なんです。(ベテランのプロの方..わかりますよね?)








スチレンボードB4(3mm厚) を2枚用意してください。(リンクは5枚セット 1枚あたり200円程度で売られている)

もっと厚い5mm厚でも構いません。ですが、2mm厚では薄すぎて、すぐ壊れます。






あとは白いテープを用意します。製本テープ 25mm×10m巻が使いよいとおもいます。(白ければなんでもいいですが..)






作り方は簡単! ボードを縦に合わせてテープで留めるだけ。テープはレフ板の「ヒンジ」の役割をします。








「横開き使い」が一番よく使います。また、「横」でも「縦」でも自立するので便利です!






全開にすると、「一枚の長いレフ(長辺 728mm)」になります。自立はしませんが、「縦長のボトル」などを撮るときに役にたちます。(一升瓶でもカバーします)







ティッシュケースなどにテープをつけると「横長のレフ」になり、「トップライト」の影を起こすのに役に立ちます。(カメラ下にこれを置くことが多い..)






Aサイズを使っても構いませんが、この「B4サイズ」のレフの方が確実に使いやすいと個人的にはおもいます。もちろん、「被写体」により、適したサイズがあると思いますので、最後はご自分で工夫してくださいね..。







初心者でもわかる小物ブツ撮りの奥義!
→【不定期連載】「ブツ撮りの基本」カテゴリーリンク




shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】 | コメントする