屋上からのふかん撮影には「突き出す横棒」が必要かもね。



学校パンフ撮影4日目。

今日は八王子市にあるグランドに来ております。(午前中は本校舎がある中野にいました…) そして、地面からは4階の高さの屋上におります。結構高いです。なので、そこそこ怖いです..。


SONY α7RIIライカ スーパーアンギュロンR-21mm という「広角レンズ」をつけて用意し、グラウンド(400mトラック・サッカー場)を撮るために、この屋上から三脚で構えてみましたが、ご覧の通り、グラウンド全体が入らないうえに、ご覧の通り屋上部も写ってしまう始末….。うーん、これは困ったぞ〜


こんな時のために、、、かどうかはわからないですが、私のカバンには、小さなアクションカムの SONY FDR-X3000(17mmレンズ相当) が入っており、それを使うことにしました。


画質・解像力などのクオリティーはフルサイズカメラよりはるかに劣りますが、A4パンフレットの半分を埋める程度のピクセル数は十分にあります。(4K = 800万画素程度)


画角の問題だけではなく、カメラポジションの問題が大きく、屋上そのままポジションでは具合が良くない。そこで、別要件で持参した「 monoPod-Carbon152 」を伸ばし、 おとといブログの要件の道具 を装着。それにX3000をつけて「1秒タイムラプス」で写真を撮ることにしました。(1秒間隔で、自動的に4Kの大きさの写真が撮れます)

※SONYのアプリ 「imaging edge mobile(旧名 Playmemories mobile)」を使い、スマホでリアルタイムプレビューをしながら撮影しました。


で、撮れたのがこれ! 400mトラックという施設を説明するには十分な写真だとおもいます。

屋上ふかん撮影には、横棒が必要! ってのが、今日お伝えしたいことでした。。(疲れて死にそうになってブログ書いています…)


↓ 一脚としてではなく、軽〜い撮影機材の横棒としても使える便利な棒!
monoPod -Carbon 152




nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【GoProで遊ぼう!(& SONY FDR-X3000)】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 | コメントする

当日、モデルにSONY RX0 IIをあずけ撮ってもらったセルフレポート映像



えーーと、今年の「学校パンフ撮影3日目」です。朝から夜まで、、って、毎年のことですが「タイトスケジュール」です。てなわけで、繰り返しになりますが、今日のブログは「SONY RX0II」の動画のお知らせです。TOP動画は、この日モデルとしてで来ていただいた「桂華ちゃん」に「RX0 II」を渡して、セルフレポートしてもらった4K動画です。


価格コム・マガジン記事掲載以来、評判が良い動画となっております。RX0の動画性能(手ブレ補正の性能) がよくわかると思いますし、、、上記リンクの「価格コム・マガジン記事」で、この動画撮影の詳しい状況、および、RX0II撮影の他動画もいくつかあります。リンク先にてご覧ください。




特筆すべきは、この動画はモデルの桂華ちゃんが撮影したということ。(1カットの除く..)

で、むちゃくちゃキレイなレポートビデオができたわけですから..RX0IIはもはや「高画質4Kビデオカメラ」といっても過言ではないでしょう。手ブレ補正もいけてるでしょ?(GoProは15mm、RX0IIは24mm、手ブレ補正の自然さは「広角」になる方が容易でしょう。つまり、RX0IIはかなり頑張っているといえます)

RX0(初代)は、高性能超小型写真機。RX0 IIは、高性能超小型写真機+4K高画質ビデオカメラ、という図式が分かりやすいかもしれません。

とにかく、明日もあるので、もう寝ます。以上。



あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓


nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 | コメントする

【革新撮影術!】SONYα9 on RX0、2画角同時レリーズ「バックアップ撮影装置」






※表題は「RX0 on α9」ではないかと、ご指摘を受けました。全くその通りだとおもいます。英語力不足を深くお詫びあげます..

今日は今週から始まった、今年の学校パンフ撮影2日目です。生徒さんより早く、朝早朝から登校しました。で、使ったのが、写真のDIYで作ったステーを使ったカメラ機材..。マッド博士が作った道具ではありません。ちゃんと意味があります。詳細をご説明すると、メインカメラの「SONY α9 + ライカ ズミクロン-R50mm(← ここからすでにややっこしい..)」のホットシューに、手作りステーで「24mm単焦点高性能超小型カメラ SONY RX0」を装着し、SONY レリーズケーブル VMC-MM2 で、シャッターを同期させたもの。つまり、主のα9のシャッターを切ると、従のRX0のシャッターがほぼ同時に切れるという画期的な装置 なのです。

50mmレンズ画角と24mmレンズ画角を同時に抑えられる、、、バックアップ撮影を可能とした画期的だと思う装置なんですけどね。

従のRX0をそのままつけると、レンズやレンズフードでケラれが発生することがあります。通常それを避けるためには、高さをあげて回避するのですが、それに伴い撮影アングルも、かなり変わってしまいます。

なので、アングル差を嫌い高くするのをやめて、今回、前に突き出したってわけです!(iPhoneXより、はるかに軽いので、簡単にこーゆーことができます)

アングル差の他に、全体の重量バランスも前突き出しの方がはるかに良いとおもいます。



お次は同じ装置で、主カメラα9に、ライカ ズミクロン-R90mmを装着した絵です。ちなみに今回のステー部分はホームセンターで売られているスチールステー(曲板)を利用しています。

【撮影機材DIY】ホームセンターに売ってる「曲板」のM6通し穴に1/4インチねじが通ることを知らなかった件。

90mmレンズ(望遠) と 24mmレンズ(広角) の同時撮影で、「すごく広い写真が欲しい!」って時に役に立つかも…なんですよ。

ちなみに、この重さは「一眼レフ」を持つより軽いかもレベルです。(不自由さ全くなし)




モザイク写真で申し訳ない。。ですが、同時に撮れる写真は、なんとなくわかるとおもいます。

主カメラ撮影の写真を使う予定ではありますが、何か不都合が起きた時に、広い画角の従カメラの写真が役に立ち、助かることもあると考えています。(本当にそのような状況もあるのではないかと..)

データバックアップ ではなく、バックアップ撮影ができる…という革新的なこの方法、撮り逃せない業務撮影では使わない手はないように思いますよ…。(高画質超小型カメラRX0が存在するからできること..)

↓ 今回これは使ってはいませんが、同じような道具を作るため、必要な機材です!(使用機材と同じ役割をします)
1081 ホットシューマウントアダプター II型





nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, ホットシューアダプター, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ | 2件のコメント