プロカメラマンなら「マニュアル調光専用機V850II&X1T」一択でいーんではないかと、








えー、、日曜日(16日)に、Godoxのストロボとラジオスレーブを一気に発売してしまったので、迷っておられる方も多いのではないかとおもいます。なので、その方たちの中でも、今日は特に「プロカメラマン」のために、リコメントしたいとおもいます。

私が仕事で使うんだったら、間違いなく、マニュアル調光専用機の「V850II(GN60)」の出動が一番多くなると思います。TTL対応の「V860II」は、とても優秀でオートで色々できて便利そうですが、その分、操作が複雑になり、仕事の現場で間違いかねないのです。モノブロックストロボをお使いの方なら、その気分、わかりますよね!?(オートという曲者はプロは嫌うのでは!?) なので、シンプル操作のマニュアル専用機を推すわけなんです!

合わせて、X1T(ラジオスレーブ送信機) を使えば、Canonカメラ、Nikonカメラ、SONY Miシューカメラで「リモート」で発光できるうえに、出力1/1〜1/128(1/3刻み)のコントロールが可能なんです!!! なんて素敵なことでしょうか!?

また、いざという時にはHSS(ハイスピードシンクロ)もでき、つまりつまり、「最速1/8000秒の日中シンクロ」も、しゃら〜とできちゃう!!(通常最速同調速度よりカメラのシャッターが速くなると、V850IIは自動的にHSSモードになる














また、灯体ヘッドを挟み込む事により、安定的にクリップオンストロボを挟め(転倒トラブルでもシュー部を壊す可能性が低い)、おかげで光軸が傘の中心に近くにあり理想的な配光ができる秀逸アンブレラホルダの「パン棒付スピードブラケット」は、プロなら選ぶ逸品。 V850IIに合わせるなら強くコレをオススメします!!(諸事情により、この構造のやつは、在庫限り…惜しまれます…)

パン棒操作だから、片手で全角度の調整ができるのは、慌ただしい現場で本当に役に立ちます。(パン棒操作じゃない、フツーのアンブレラホルダは両手をつかう必要あり) 小さくて軽いのに操作性は、アナタが使い慣れている「モノブロックストロボ」とほぼ同じ! ← わかりますか!?ココ重要ね!!













「そんな事言うけど、所詮、クリップオンストロボでしょ!?」

それじゃあお伺いしますが、クリップオンストロボじゃ、何がいけないのですか?

「モデリングがないのは目をつぶるとして、人物撮影やっていると、チャージが追いつかないじゃん…プロとしてダメでしょ!?」

えーーーーと、、、このV850II(V860II)は、乾電池じゃなくて、「大容量のLi-Ionポリマーバッテリー」が内蔵されているので、Full発光でも、爆速1.5秒。1/2だと1秒以下、1/32だと、Nikon D3の11コマ/秒の高速連写についてくるんですけど…..。(D3のバッファーが先に息絶える..)

「!!!!!!!!!!!!!!」

つまり、クリップオンストロボに 外部電源でLi-Ion(ニッケル水素じゃなく)バッテリーを繋いだのと同じことなんです。しかも、ぶら下げ不要のインクルードですよ。 デジの時代じゃ、GN60クラスのストロボで、けっこう事足りるんです。。(実際1/4位までしか使わんからなぁ…)

「ぎゃふん..」







カタチこそクリップオンだが、
実力はクリップオンにあらず!!!
(羊の皮をかぶったオオカミ的な..)








↓ そろそろ、モノブロックやナショPから卒業しても、良い時代なのでは!?
Godox V850 Ⅱ(GN60.Xシステム・マニュアル調光モデル)

Godox Xシステム準拠のTTL対応ラジオスレーブ【X1】



①灯体を挟み込んで「安心!」 ②パン棒だから片手で「らくらく操作」 ③頑丈な雲台だから大きな傘でも余裕で支持 ④傘穴いが光源に近いから傘の真ん中に照射! ⑤リフレクターには、そのまま、QuickSoftBox等が装着できるハイブリッド仕様 ⑥リフレクターは、平皿のような働きをして、光の横漏れを防ぐ! ⑦クリップオンを装着したまま、荒っぽく地べたに置け、クリップオンを痛めない!

1446 パン棒付スピードブラケット




↓ プロだから、ど~しても、もっと光量が欲しい人はコレ!(Canon用とNikon用があります。TTL使えないけど、X1T-Sでマニュアル調光はSONY機でも使えます)
大光量360ws! Godox AD360 Ⅱ SPECIALキット









shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 秀逸!バッテリーストロボ, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ), クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー | コメントする

「ラジオスレーブ Godox”X1″」は他社製TTLストロボをマニュアル発光制御できるっ!つまり、GRとCHは共通なのよね。









SONYα9(MIシューカメラ)で、NikonのSB-400というスピードライトを発光させている様子です。(SWしかついていない純正で一番安い、小さなストロボね..)

このストロボ「TTL制御オンリー」のストロボなので、そのままでは他社製カメラでは「発光」すらしません。 (非TTLラジオスレーブでも不可)



α9に「Godox X1T-S(ソニー用送信機)」を付けて、SB-400(NikonTTL専用機)に「Godox X1T-N(ニコン用受信機)」をつけると、発光させることができます! しかも、驚くべきことに、X「Godox X1T-S(ソニー用送信機)」の操作で「マニュアル調光コントロール」ができるのです!!!(1/1〜1/128 1/3クリック、もちろんTTLコントロールはできません。それと、小出力なのでHSSもできませんでした…。大出力だとHSSできると思います…)














例えば、EOSにYONGNUO YN622C-TX(キヤノン用TTL送信機)を付けて、YONGNUO YN622N(ニコン用TTL送受信機)にこのSB-400を付けても、M調光はおろか、発光すらしません。これは、YN-622のニコン用とキヤノン用ではGR(グループ)及びCH(チャンネル)が違うため、使えないと推察されます。





昨日から売り出された、「ラジオスレーブX1(Xシステム準拠)」及び”X1システム”搭載のTTLストロボ( AD360IIV860II )の「GR」と「CH」が、お行儀よく共通のため、他社用でも「TTL以外の機能」が使えるのです! あ~~だから、あんなことができたのですね! (どのメーカー用のストロボを持って行っても、送信機さえあってれば、使えるってSONYとNikon使っている私としてはスゴくありがたい..! )






↓ YONGNUO YN622にできることは、全てできちゃう!! そのうえ、別メーカー製で互換して、安定性もよく、TTLがスゴく正確って..今のところ、最強じゃね?
Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1】







X1T(送信機)の「カスタムファンクション(C.Fn)設定表」を独自に日本語で作りました! メーカーの取説より親切に解説(オススメ設定も記されている)しているので、分かり良いですよ!(弊社でX1Tをお買上げの方に、もちろん差し上げます)




さらに表面は、「最初に設定すべきこと(混乱しないために)」が記されています。買ってすぐに、この設定をすることにより、複雑で難解な「X1T」をいち早く理解し、これを知らない人が陥る「迷宮」に入らなくて済むとおもいます。(最初、私もその迷宮から抜け出せなかった..)






今日の話を「何のこっちゃ?」って思った人は、以下ブログ記事をお読みください。
TTLラジオスレーブGodox X1、TTLバッテリーストロボAD360II、V860II、マニュアルバッテリーストロボV850II【全て無線内蔵、HSS対応!】やっと一気に新発売!!(SONY用もあるでよー!)




shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) | コメントする

TTLラジオスレーブGodox X1、TTLバッテリーストロボAD360II、V860II、マニュアルバッテリーストロボV850II【全て無線内蔵、HSS対応!】やっと一気に新発売!!(SONY用もあるでよー!)







やっとやっとやっと、ウチでもこの「スター軍団」を売り出します!!! 待ちに待ったGodox製の新型TTLラジオスレーブとバッテリーストロボでーす!!

時間がものすごくかかったのは、コイツらが何ものなのか!?を解析するのに、ものすごい時間がかかってしまいました…。(いかんせん撮影のお仕事やりながらなんで…すみません..)だって、いろいろスゲーことができるので、とても複雑だったんですもん。。私が皆様にご説明できないものをお売りするわけにはいかないでしょ!? つまり、小奴らの、かなりの部分を理解したので、発売することになりました。。(本当に長かった….)





で、まずはコイツの話をしなければ、全体像が見えません。Godox社新開発のラジオスレーブから参ります。(情報量が多いため、箇条書きにて要点を書き出します)




【Xシステム準拠】TTL・HSS対応ラジオスレーブ
Godox X1T(送信機)とX1R(受信機)
【Canon用】【Nikon用】【SONY用】




・Canon用とNikon用とSONY用があります。(SONY用もあるよ!!)
※SONY用はX1T-S(送信機)のみ(受信機は未発売) ※MIシュー機のみ対応

・Godox社”Xシステム(無線システム)”に準拠し、「Xシステム搭載」のストロボ全てでX1T(送信機)のみで使える。

・純正ストロボ(580EX-IIとか、SB-910とか、)や、大型ストロボで使う場合は、X1R(受信機)が必要。(普通のラジオスレーブの送・受信機ペアね)

・「各社TTLシステム」に対応。(ものすごく正確らしい)

・「マニュアル調光」にも対応。(1/3クリック)

・「ハイスピードシンクロ(以降HSS)」にも対応し、最高1/8000秒まで同調可能!

・HSSは、カメラとストロボの設定をHSSに合わせるだけ。「X1T」の操作は不要。(最速通常シンクロのSSを超えると自動的にHSSになる)

・非HSSクリップオンも「1/1(Full)時」のみHSS対応。また、AC駆動の大型ストロボ(モノブロック等)も、全出力でHSS可能。(HSS遅延調整可能) ※例外ストロボは中にはあるかも。

Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1】






【Xシステム搭載】大光量!360Wsバッテリーストロボ(TTL・HSS対応)
Godox AD360 Ⅱ SPECIALキット
【Canon用】【Nikon用】


・あの360ws大光量バッテリーストロボのAD360(初代)にTTLが付いた!!

・Canon用とNikon用があります。

・「Xシステム」搭載(内蔵)! マスター(送信)とスレーブ(受信)どちらもOK! ※オンカメラ=マスター/オフカメラ=スレーブ

・「X1T(送信機)」さえあれば、リモートで「TTL調光発光」「マニュアル調光」「HSS」が可能!

・大容量バッテリーで高速チャージのプロ仕様!(360ws時=約4.5秒 1/2時=約2.5秒 1/4時=約1.5秒 ※クイックチャージコネクタ不使用時)

・開放式フラッシュチューブなので、大光量、連続発光にも強い!(発熱防止のサーモスタットはあります)

・フル充電で、フル発光(360ws)=450回!(バッテリー新品時)

・プロの使用を考え、必要なオプション込みのSPECIALキット。(チャージが倍近く速くなる「クイックチャージコネクター」とかが付属。但し、チャージが速くなる分、全発光回数は少なくなります)

・各社赤外線コントロールシステムに送受信対応。(Canon=光通信 Nikon=クリエーティブ・ライティング・システム CLS)

・初代AD360のリモコンも使用可能。(別売り、X1Tとの併用不可)

・裏技として、AD-360IIのCでもNでも、「X1T-S(SONY用)」を使っても「マニュアルコントロール&発光」「HSS」可能!(TTLだけ不可)


Godox AD360 Ⅱ SPECIALキット






【Xシステム搭載】バッテリー内蔵クリップオンストロボ(TTL・HSS対応)
Godox V860 II 【SONY用】 【Canon用】【Nikon用】


・Li-Ionバッテリー内蔵で高速チャージ(FULL時=1.5秒)! ただのクリップオンストロボにあらず!

SONY用とCanon用とNikon用があります。※SONY用はMIシュー機種(α7,α9とか)のみ対応。

・各社TTLに対応!(これまた、すごく正確な制御らしい)

・「Xシステム」搭載(内蔵)! マスター(送信)とスレーブ(受信)どちらもOK! ※オンカメラ=マスター/オフカメラ=スレーブ

・「X1T(送信機)」さえあれば、リモートで「TTL調光発光」「マニュアル調光」「HSS」が可能!(つまり、SONY機で待望の本格HSS!!)

・フル充電で、フル発光(1/1)=650回!(バッテリー新品時)

・各社赤外線コントロールシステムに送受信対応。(Canon=光通信 Nikon=クリエーティブ・ライティング・システム CLS)

・初代V860(V850)のリモコンも使用可能。(別売り、X1Tとの併用不可)

Godox V860 II(TTL対応モデル)





【Xシステム搭載】バッテリー内蔵クリップオンストロボ(マニュアル調光専用)
Godox V850 II

※XシステムのTTLコントロールは非搭載

・Li-Ionバッテリー内蔵で高速チャージ(FULL時=1.5秒)! ただのクリップオンストロボにあらず!

・シンプル操作の「マニュアル調光専用機」。

・「Xシステム」搭載(内蔵)! マスター(送信)とスレーブ(受信)どちらもOK! ※オンカメラ=マスター/オフカメラ=スレーブ ※但し、TTLコントロールは非搭載。

・「X1T(送信機)」さえあれば、リモートで「マニュアル調光」「HSS」が可能!(もちろん、リモートで発光できますよ。なお、X1T-C、X1T-N、X1T-S、どれでも使えます)

※「X1T」を使った時のみHSS可能(オンカメラでは不可)

・フル充電で、フル発光(1/1)=650回!(バッテリー新品時)

・初代V860(V850)のリモコンも使用可能。(別売り、X1Tとの併用不可)

・中居は、正直V850(II)の使用頻度が一番高いです。(TTL使わんからなぁ..)

Godox V850 Ⅱ(マニュアル調光モデル)






















ふう~~~~~~~~~。

これ、一気にださねば、意味が分からなくなるものでして、、、、、こんな苦労を強いられることになったわけなんです。。。(膨大な時間がかかったのもそのせい…)

今回のご紹介をまとめると、、「ラジオスレーブX1T(送信機)」を1個持ってると、「AD360II」「V860II」「V850II」が、HSSも含め「オフカメラフラッシュ」を便利に使えるということです!(複数台も可)



【 問題点 】
今回ご紹介の機材は「Xシステム」導入のため、システムが大変複雑かつ難しくなっております。


【 ですが、】
弊社でお売りする、Godox X1、AD360II、V860、V850には、「英文マニュアル」のみで、残念ながら日本語マニュアルはありません!


【 なので、】
弊社で当該商品をお買上げの方には、私、中居めが、すぐ分かる「ざっくり使い方ダイレクト電話サポート!」 を全力でさせていただく所存です。ざっくり理解するのに、5〜10分でご理解いただけるかとおもいます。




【 支援札(サポートカード)
中居の携帯番号が書かれた「支援札」というものを商品にお付けします(そこに番号が記されています)。電話に出れない場合もありますが、遠慮なくお問合せください。その後も、分からないことがあればいつでもご連絡ください。


【 常に最新ファームアップVer.に弊社でアップデート! 】
今回ご紹介の「Godox商品」は発送時に、弊社にて「最新ファームアップデータ」にアップデートしてお送りします。(常に新しいヤツです!)






えーーー、今日の最後にですが「重要」なことをいいます。「X1」「AD360II」「V860II」「V850II」の能力は、完全に純正品を凌駕してると考えています。(Li-Ionバッテリーストロボのスーパーチャージな威力はスゴいよ!) プロの方は、これ一択でいいのではないでしょうか!? ACを借りるのに先方に断らなきゃいけない、モノブロックを使っている場合ではないです。また、「V860II」と「V850II」は、クリップオンストロボのカタチをしていますが、中身は別物です。(電池で動くやつとは、完全に意味が違う..モデリングこそないですが…)そして、ラジオスレーブのX1においては、最強のTTL&HSSラジオスレーブでないかとおもいます。(TTLの出来が半端ないらしい…) 

よろしければ、ウチでこの「スター機材」を買っておくんなまし。。(他にはない「専門的サポート」で頑張ります…)








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) | コメントする