接写のお供に…三脚用せり出し棒!やでぇ〜(おまけ エルマー65mm作例)






弊社(うち)の近所(Neighborhood)の児童公園にある花壇ですが、毎日ボランティアのおじ様たちが世話をしていて、常にお花が咲いています。。贅沢ですよね..。

でまぁ、その「お花の接写撮影」をするには、


カメラを任意の位置で、ちゃんと固定する必要があるわけ…。。

そこで、取り出したるは一本の棒!「三脚用せり出し棒(25mm)」なのであります。。。









三脚につけて、こーやってグィっと、寄りたいだけ寄ることができます!(三脚だけじゃ困難な位置も楽々クリア!)





今回は特別に、銘玉と誉れ高き魔法の写りの「ライカ エルマー65mm」を使ってみることにしましょう!(ライカのビゾフレックス用レンズです)





さてさて、それではエルマー様で「枯れかけたお花」の詫び錆びを撮ってみることにしましょう..。エルマー様はどんな写りなのか!?









エルマー様の開放(f3.5)と、絞った(f11)絵をを並べてみました!
いずれも、なんだかフツーのレンズと違う凄みがありますよね。これぞエルマー様の魔力!




で、、、実はこれらの「接写の写真」…手持ち撮影では、難しい..いやほぼブレてしまうこと間違いなしなのです。

開放(f3.5)でも、シャッタースピードが「1/80秒」でして、、、、引いた絵だったら、最近のカメラのボディ内手ブレ補正を使えば、なんてことなく手ブレしません。

けど、ここまて寄った接写では確実にブレます…。なので、接写撮影には固定は不可欠!!

ちゅーわけで、お花の接写撮影では「せり出し棒」が、あったほうが良い、いやなくてはならないアイテムではないかと、おもう次第なのであります。。。





三脚用せり出し棒(今回使用は25mmの方)

ウェイトケース 頑 丈

DIGIPOD アルミ4段三脚(雲台付)






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, 三脚, , カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください