4Kタイムラプスは「自動写真撮影」でもある、かも







先日の千葉での撮影です。
ん?? 画面の端になにやら気になる物体が!?











逆さまになった「なぐり(金槌)」に、小型カメラが設置されているようです!(なぐりは現場の工房でお借りしました..)












カニクラ」「強力フレキシ棒20」「UNC1/4 カメラねじ(M)」を使い、SONY FDR-X3000を固定設置していたわけですね。

X3000の、「4Kタイムラプス撮影」を使い、5秒に1回シャッターの設定にして回し続けていたわけなんです。(データは、全て写真ファイルjpgで吐き出されます)











どーして、そんなことをしていたかというと、
本カメラ(この時はα9)で撮影をしていたわけですが、万が一の取りこぼしに備えて「自動撮影」をしていたわけですな!

一度設置すれば、ほっとけばいいだけのお話ですから、このサブカメラは無いよりあったほうがいいのですよ。

4K記録(3840×2160px)ですから、800万画素相当の写真になるので、そこそこ使えたりするんですよ..。













例えば、この写真を撮った現場の様子を、













X3000の自動撮影は、5秒に一回、しっかりと記録していました! ほっておいても良いって本当に助かります。少なくとも、ブログの説明写真ではすごく活躍してしまいますし。。。(かなりトリミングしてもコレだしね..)

カメラマンが、シャッターを押さない時代になったということですかねぇ…。(それはそれで、なんなんですけどね…)








★強力フレキシ棒20★(今日のは小さい方)

蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)

ステンレス製六角穴付 UNC1/4 カメラねじ(M)






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, カニクラ。, アーム, , ねじ類, 【GoProで遊ぼう!(& SONY FDR-X3000)】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*