高演色LED電球の間接照明で次世代型モデル・バストショットか!?








ここに「極めてシンプルな照明機材」が1セットあります。
あなたにだって、容易に理解できる組み合わせだと思います。












定常光の「大光量・高演色LED電球 Sh50Pro-S」1灯を、「天使のアンブレラSilkyWHITE-100」にバウンスさせてるだけですから。(なお、LED電球の標準ディフューザを外して使用しています)

つまり、これで「直径100cmの丸い間接照明」になったというわけです。

ここまで、ついていけますよね!?













デルモちゃんを椅子に座らせ、この辺りから、ポーンと照射するだけです。

今回はレフも使いません。。













レフなしでも、照射位置をうまく調整すれば、コレくらいのバストショットは容易に撮れます!

ストロボでは難しかった「光の位置の調整」が、「見える光」なので、見ながらあなた好みに「光の位置を調整」すれば良いのです。ストロボのように専門的な難しいことを知らなくても、あなたでも、できることになりました!ってわけ。

繰り返しますが、光の位置の調整が容易になったことで、あなたのイメージ通りのライティングができるってことぉ! わかりますよね?










ただ今回は「ライカ Viso用レンズ エルマー65mm(敬意を込めて、私がエルマー様と呼んでいるレンズ)」という、特別な「まほうの写りのレンズ」を使ったのは、ちとずるいかもしれませんが….。










おまけのお話…

特別で卑怯とすら言えるスーパーカメラの「SONY α9」をぶん回して、5秒強シャッターを押して写真を撮っただけで、副産物として「動画のようなもの」もできちゃったりします。

定常光だからこそ、20コマ/秒の「高速連続撮影」が使えるんですよ。(ストロボではチャージが間に合っても、半分以下のコマしか撮れないので、これはできないでしょう..)



ま、同録じゃない「動画撮影」でも同じく、問題なく使えるんだけどね..。




↓ ストロボじゃなく傘を使うのが今後のトレンドになりそな気配..
【新型】天使のアンブレラ Silky WHITE-100

  039|撮影用大光量50W高演色LED電球
Sh50Pro-V(調光タイプ)Sh50Pro-S


039|E26ソケット【STRONG!!】
(メスダボ仕様/ねじ穴付シュートダボ付)


軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, プロ用LED照明機材, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*