初心者様に告ぐ!ブツ撮りを制するための第一歩「四六判 白ケント紙」を入手せよ!【後編】









昨日の続きです。

「商品撮影(ブツ撮り)」の上達を志すときに、一番最初に「四六判の白ケント紙」を入手しなさい!と、お伝えしました。このことは、他の「ブツ撮り指南のブログ等」では言っていないことだとおもいます。

照明を考える前に、「背景」を準備せよ!ということで、盲点だったかもしれませんが、おそらくこれは「真理」です。


さて、TOP写真は「コンパネ板(80×135cm)」の上に敷いた「四六判の白ケント紙」です。
ホームセンターなどで売っている「コンパネ」のサイズは「3×6(さぶろく)」というものが一般的で、サイズはおおよそ「180×90cm」。

ちなみに、ウチのコンパネは、事務所が狭いため必要最低限のサイズにカットしたもので、それより小さいサイズ。おおよそ「80×135cm」のサイズです。その板に敷いてみて、こんな感じなのですから、「四六判ケント紙」は、かなり大きいものだと、お分りいただけるのではないでしょうか!?

「四六判白ケント紙」をブツ撮りでフルに使うには、「幅80cm以上の天板、もしくはテーブル」が必要ということになります。

仮にお手持ちのテーブルの大きさが、それに満たない場合、「四六判/白ケント紙」をカットして使う工夫が必要かな。どーにもならない場合、最後の手段として、「床」を使うという手もありますけどね。。






さて、今日の本題。。
「白ケント背景紙」を設置する「3つの方法」と「撮角度」の関係


【 ① 白ケント紙を天板に敷く!】
天板やテーブルに「白ケント紙」を敷くだけで「平面な背景」になります。
ただし「撮影角度」に制限があります。(←コレ、ポイントね)

幅25〜30cmの物体、「パン棒付スピードブラケット」を被写体見立てて試していきます。




この「平面な背景」は、撮影角度が「水平に対して45〜90°」の見下ろすアングルで使えます。(45〜30°は、被写体により使える可能性あり)

あまり高さの無い被写体で有効になります。寝かせて撮れる被写体ということになるでしょうか!?「置き撮り(おきどり)」とも呼ばれます。
食器でいうと、「お皿」「浅い丼」「箸」「スプーン」「低いコーヒーカップ&ソーサー」などが、これに当てはまります。尚、「高いコップ」などは、この角度で撮るのは無理があるでしょう。

この「水平に対して45〜90°」のことを、
「ふかん系アングル」と呼ぶようにしました。




撮れた写真はこちら。今回は45°で撮りましたが、背景はちゃんとカバーしています。



【 ② 敷いた白ケント紙に「立ち上がり」を作る!】
先ほどの「ふかん系アングル案件(平面な背景)」でも使える背景ですが、テープで壁に貼って「立ち上がり(アール)」を作ったので、さらに対応力がUP。薄いアングルでも対応している背景です。




「水平に対して30〜0°」と「水平近くのアングル」にも対応する背景です。高さのある被写体では、この背景が必須となります。

食器でいうと、「高いコップ」「縦長の湯のみ」「ボトル」などにも対応するようになりました。。

この「水平に対して0〜30°」のことを、
「水平系アングル」と呼ぶようにしました。





なんでもなく「背景」をカバーしています。仮にこの撮角度(水平系アングル)で、①の「平面な背景」を使うと、背景の上部が足りなくなっていたことでしょう。






【 ③ 白ケント紙を壁に貼る!】
被写体の設置床がなく、「縦に立っているものを撮る」ときに使います。下が見切れる写真ということですね。

肩より上、証明写真程度の「白背景顔写真」にも対応しています。




この場合、言わずもがなですが「水平(0°)」で撮ることが一般的です。(もちろん少しは角度をつけても良い)




被写体の下が見切れることが条件です。意外にもこの背景の使い方、よく使いますからね。。









以上、
「白ケント背景紙」を設置する「3つの方法」と「撮角度」の関係をご説明しました。
あなたが撮るつもりの「被写体」がどの「撮角度」で撮れるものかを、事前に理解しておくことで、撮影方法をスムースに考えることができることだとおもいます。







今日の記事を読むと、昨日お見せした上記の意味が理解できたでしょ!?





ま、何にしても「商品撮影」が上手になろうとしている人は、急ぎ「四六判/白ケント紙」をGETしましょう!yodobashi.com / 銀一 GIN-ICHI 無蛍光ケント紙 10入

全てはそこから始まります..。






本日、お見せした「全作例写真」は、以下の照明機材を使い撮りました。
(詳しくはセット写真を参考にしてね)


New!
50cmソフトボックス(E26ソケット一体型折畳式)


039|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro-S

★強力フレキシ棒20★(今日のは小さい方)

ショートダボ(ねじ穴付)

軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200




関連記事
【ブツ撮りの基本02】レフ板は「B4ボード×タテ2枚継ぎ」がベスト!




shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 【ブツ撮りの基本】, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*