初心者のための「iPhoneでキレイな商品撮影法」の研究【その2】


※ 写真では「強力フレキシ棒20(小さい方)」を使っていますが、20では傘をつけるとその重みで保持できません! 傘を装着する場合は「強力フレキシ棒28(大きい方)」をお使いください!





昨日の【その1】の続きです。(昨日のを読んでいない方は、必ず↓【その1】からお読みください)
初心者のための「iPhoneでキレイな商品撮影法」の研究【その1】

上の写真の(1)(2)は、昨日の内容でやりました。






今日の新規は(3)からです。

(3)は、「高演色LED電球」を「傘バウンス天使のアンブレラSilkyWHITE-100」した、いわゆる「間接照明」です。






昨日と「同じ条件」で画像をつくりました。
・「iPhoneX(2×カメラ・標準カメラアプリ)」で撮影。
・撮影時、「露出補正」を使い「明るく補正
・iOSアプリ「PICSPLAY2」の「自動補正

それでは、(1)(3)を並べて、比較してみることにしましょう!
※ (1)(2)は、今日の比較のために新たにやり直しています。











(2)の「高演色LED電球(直)」でもそれなりだとおもうのですが、
(3)の「高演色LED電球」+「傘バウンス」は、次元が違うレベルの圧倒的な美しさになりました!(iPhoneだけで、ここまでの写真が作れるって、すごくないですか!?)



【Tips!】
PICSPLAY2」の「自動補正」は素晴らしいとは思うのですが、こうやって比べてみると、(2)の「WB」がやや黄色いようにみえます。これは「iPhoneカメラ」の「AWB(オート・ホワイトバランス)」が勝手に判断して、こうなったとおもわれます。

「自動補正」では、このようなちょっとした「エラー」がおこる可能性があります。そんな時は、「手動」で調整が必要です。


「ホワイトバランス」「露出」の2つの微調整を覚えておくと、のちのち役に立つかもしれません。









今日の記事はまだ続きがあります。
これまで3つの照明方法をご紹介しましたが、「第4の照明」をご用意しておりまして、、、、




実はシルエットで見える「未発売新機材」を「TOPライト」で使いました! 結果は、どーか!?







(3)と同様、、
見事、iPhoneで撮ったとは思えないハイレベルな写真になりました!!!






ちなみに、、、


iPhoneじゃなく、ちゃんとした「プロカメラ(SONYα7R2)」で、撮って並べたのがコチラ!!
(もちろん1〜4の照明方法ね..)

ちなみに「WB設定」は、4枚全てオートじゃなく「デイライト」に合わせております。。(4枚とも、WB値は全く同じ)









気になる、(4)の「ブツ撮り用新機材」は近々発売いたしやす!!! 乞うご期待!!



撮影用大光量 45W高演色LED電球【Ra95】

天使のアンブレラ Silky WHITE-100

★強力フレキシ棒20★(今日のは小さい方だが、傘を装着する場合は「大きい方の28」を選んでください..)

ショートダボ(ねじ穴付)

↓ 入荷しましたぜ!!
1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*