ストラップと棒で3点固定の動画撮影術!








動画を撮影するために、「SONY α9」に「ライカ ズミクロン-R50mm」をつけてます。
カメラには「ストラップ」を装着。そして、

強力フレキシ棒28(大きい方)」をカメラの三脚ねじ穴にねじ込んで固定
カメラの後方に「L字」に曲げます。











首からストラップでカメラで吊るし「棒」を腹にあてると…
3点固定」の完成です。

しかし、こんな簡単な道具で、動画撮影に役に立つのか!?












試しに、13秒の動画を作りました。かなり「ラフ」に撮ってます。
どーですかね? 普通に見られるレベルになっているのではないでしょうか??












この3点固定の他に、もう一つ「大きな秘密」があります。

このカメラα9には、「ボディ内手ぶれ補正」がついているのですが、「装着レンズ(50mm)」より、少し長め(70mm)に設定したことです。(これで「ふわふわ」した動きになるのだ)

あ、これは本当に内緒にするつもりだった….






強力フレキシ棒 28super✳︎strong(大きい方)







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, アーム, , 【スチールカメラマンの動画修行】, カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*