クリップオンストロボでアンブレラを便利に使うには!?【オススメホルダー①】








えーーー、TOP写真は、昨日「入荷しました!」情報をお伝えした。「軽スタ」です。。今日は、ちゃんと地べたについていますね。












このスタンドを含め、弊社取扱ライトスタンドの基本は「オスダボ仕様」です。
(「メスダボ仕様」には「アダプター」で変換しています)

「クリップオンストロボ」をオフカメラで「アンブレラ」を使いたい場合、
スタンドに取り付けるためにアンブレラホルダー」なる機材が必要となります!



今日は、「使いやすさ優先」で考慮した場合の「イチオシのアンブレラホルダー」をご紹介したいとおもいます。













私、中居が仕事やブログ写真撮影で使う「使用率90%」を誇るホルダーは、
この「パン棒付スピードブラケット」です!(諸事情により、世界でも弊社だけで売ってる機材)

お値段は決して安くはありませんが、

「① 片手で操作可能で角度調整が抜群に楽!」
「② クリップオンのシューに負担をかけず、灯体を挟む方式なので安定して固定!」
「③ 傘芯穴が光軸に近いので、傘の真ん中を狙える!」
「④ 地べたに、クリップオンを傷つけずに気兼ねなく置ける
「⑤ 別売のソフトボックスが、そのまま使える
「⑥ 頑丈な造りなので大型のアンブレラを使っても、ちゃんと固定できる!」


と、「使用率90%」なっちゃうことは、容易に理解できますよね!?(高価だけど、その価値は十分ある!)












スタンドに装着したところを寄ってみると、こお!(ホルダー側は「メス」なので、そのままスポッと差し込めます)












クリップオンストロボマニュアル調光専用バッテリーストロボ V850IIを装着してみると、こお!












ノーマルサイズ(直径100cm)のアンブレラ天使のアンブレラ SilkyWHITE-100を装着してみると、こお!











逆側を見せると、こぉなってます! 煌めくリフレクターに「ゾクゾク」しちゃいますね。。











クリップオンの光源が、傘芯に近いということは、傘の真ん中を狙えている証拠!!





全ホルダーの中で、「使用率90%」になっちゃうのは、使ってみれば、わかります! というか、「一度使うと、他のホルダーに戻れない…」ってのが正直な感想かな。。





「多少使いにくくても、もっと、お安いのがいいよぉ〜(コスパ重視派)
「もっと、小さくて、軽いのがいいよぉ〜(携帯重視派)


って人は、

続きの【オススメホルダー②】の記事を待ってくださいね!(明日を待て!! 続く…)






【他の追随を許さない圧巻の使いやすさ!】
パン棒付 スピードブラケット


1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200

Godox V850 Ⅱ(マニュアル調光モデル)

V850IIを、リモートで発光や調光したい場合は、別途、Godox X1T(送信機)が必要になります。お使いのカメラメーカー専用のX1Tをお求めください。(他メーカー用のだと、使えないよ…)

Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1-T(送信機)
for Canon / Nikon / SONY



【新型】天使のアンブレラ Silky WHITE-100






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*