【ポートレイト作例多数有】私的には「ライカ ズミクロン-R50mm」がつけば「どのメーカーのフルサイズカメラボディ」でもいーんだよね..


【 中居のライカ ズミクロン-R50mmを使うカメラの変遷年表 】


ライカ ズミクロン-R50mm(E55) と Nikon D3 [2009年〜]



ライカ ズミクロン-R50mm(E55) と Nikon D800E [2012年〜]



ライカ ズミクロン-R50mm(Type1/1cam) と SONY α7(初代) [2013年〜]



ライカ ズミクロン-R50mm(Type1/1cam) と Nikon D810 [2014年〜]




ライカ ズミクロン-R50mm(Type1/1cam) と SONY α7R II [2015年〜]



ライカ ズミクロン-R50mm(Type1/1cam) と SONY α9 [2017年〜]



以下枠内文章は、中居がライカ-Rレンズを、ライカ以外のカメラで使うようになったきっかけの話です。
興味のある人以外は、疲れるので読まないほうがいいです。
(枠内文章スキップ推奨)


私がライカを最初に買ったのは、あの忘れもしない1985年、銀座のレモン社で、新品LEICA-R4Sボディと合わせて、新品ズミクロン-R35,R50,R90mm + モードラ、合わせて50万円のローンを組み、無理して買いました。(当時、薄給のスタジオアシスタント。死ぬかと思いました..)

その時は、ライカというものが何者かということは、ほぼ知らず、ロバート・キャパの「ちょっとピンボケ」を読んで、キャパが使ってたカメラということくらいしか知りませんでした…。

しかも、私が買ったのは、M型ライカ(ライカの代表カメラ)ではなく、わざわざマイナーな一眼レフのR型..。どうして買ったかというと、「他では見たことないくらい、ものすごくデザインが美しいカメラ(見た目が..)」だったからなんです。。。当時は、まわりからバカにされましたよ。。M型至上主義の人ばっかですから…。(当時、プロも含めてRを使っている人を見たことなかった..)

見た目通り写ってくれない、レンジファインダーのM型は、一切欲しくはなかったですね…。



その後、カメラマンになりまして、、、プロになると、もう少しワイドが欲しいとか、望遠が欲しいとか、仕事で必要になるのですが、、、ライカのレンズは死ぬほど高く、レンズは一本も増えることはありませんでした。。

それでは仕事にならないので、NikonF4とNikkorレンズを買い、お仕事ではNikon機を使うことが多くなってしまいました..。

そして、1999年、Nikonが仕事で使える本格的なデジタル一眼カメラD1を発売。すぐさま購入し、デジタル併用カメラマンになっていきました。D1は、APS-Cフォーマットカメラだったので、ふつーにNikkorレンズを使っていたのですが、

2007年、ニコン様も遂に「フルサイズ一眼」を発売することになり、すぐさま導入した次第であります。

ある時、長らく使っていなかった「ライカ-Rレンズ」のマウントを見ていると、「Nikonにつくんじゃねーか?」と思いたち、「手作り改造マウント」を1週間ほどかけて開発。ブサイクながら何とか、D3につけることに成功!そんなこんなで、Nikon機でライカ-Rレンズを使うきっかけになりました。(R50 → R35 → R90次々とNikonマウント化に成功!)

★現在では、精度の良い製品版の「ライカ-RレンズをNikonマウントにする改造パーツ」を絶賛発売中! 手作りしなくていいので、簡単です!

NikkorとLEICAレンズの表現力の違いは明らかでして、、それ以来、お仕事でも、ライカレンズばかりを使っています。。。

当初持っていた、仕事中にズミクロン-R50mm(E55)が壊れるアクシデントがあり、途中からズミクロン-R50mm(Type-1/1cam)に代替わりしました。(製造年が古くなりました…でも、古いほうが好みなので、良かったです…)









で、ここからは、「ライカ ズミクロン-R50mm」を、各カメラにつけて撮った「人物ポートレイト作例」を並べていきます。。
ここからは「みるだけ」なので、「ただただボーと眺めて」いただければよろしいです。



★★★写真をクリックすると拡大されまっせ!★★★
LEICA SUMMICRON-R50mm【E55】 + Nikon D3



LEICA SUMMICRON-R50mm【E55】 + Nikon D3



LEICA SUMMICRON-R50mm【E55】 + Nikon D800E



LEICA SUMMICRON-R50mm【E55】 + Nikon D800E



LEICA SUMMICRON-R50mm【Type-1/1cam】 + SONY α7(初代)



LEICA SUMMICRON-R50mm【Type-1/1cam】 + Nikon D810



LEICA SUMMICRON-R50mm【Type-1/1cam】 + SONY α7R II







でね、私にとって、

レンズが「ズミクロン-R50mm」

が写真の基本になっているからね、

ぶっちゃけ、

フルサイズ・フォーマットカメラ
で、ありさえすれば、

どこのメーカーのものでも良くて、
全くこだわりはないわけ」なんです!

とはいえ、ズミ50を使う上で、その時代に合った性能のカメラを選ぶんですけど、

メーカーはどこだっていいわけなんです!

で、もはやカメラに「鏡」は要らないので、

今はたまたま「SONY」になっちゃった、、

ともいえます。

携帯電話で例えると、MNP(ナンバーポータビリティ)みたく、携帯キャリアに縛られず、って感じかな…。

もちろん「センサーの性能」も大切だとはおもいますが、

「表現としての出汁」が出るのはレンズ

だと思いますので、こんな偏屈な考え方になっちゃったわけなんです。




でもね、でもね、

近い将来「一眼レフ(鏡有)」がプロの主流でなくなることは間違いないと思いますもので、

プロのみなさん、ぼちぼち「鏡無カメラ」の導入を検討する時期ではないでしょうか?

以上、余計なお世話ながら「フルサイズ鏡無歴4年カメラマン」からのご提案でした….。
(これから、怒涛のスピードで変わっていく予感….)




↓ Nikon様もFマウントのまま「鏡無フルサイズ機」を出せばいいのにね..。(Dfの時がチャンスだったのに…もうすでに遅しか…)
1244 Leica R LENS ⇒ Nikon Fマウント(改造パーツ)

1439 Sony Eマウント用マウントアダプタ





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 悪魔の輪っか、魅惑のマウントアダプター, カメラがニコン用, カメラがSONY(Eマウント・Aマウント), カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0, ニコン Fマウント・Zマウント, ライカレンズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください