「顔(マスク)」光源面積別、照射効果比較!








今日は4つのLEDライトで照射した「顔」を比較してみたいと思います。(顔といっても、白いプラ製の100均の安物マスク..)
つまり、「光源面積別照射比較」ということになります。
使いライトは以下の4種類!

・ 撮影用【丸型】フラットパネルLEDライト「Rpad-450」(Φ45cmの大きな光源面)
・ 撮影用【角型】フラットパネルLEDライト「Vpad-350」(32.5 x 22.5cmの比較的大きな光源面)
・ 【丸型】フラットパネルLEDビデオライト「Rpad-112」ポータブル(Φ14cmの小さな光源面)
・ 039ブランド|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro(Φ9cmの小さな光源面)














30〜40cmの距離から、こんな風(サイドトップ気味)に照射します。(大きさにより、若干の微調整あり)それぞれのセットは以下の通り。(マスクは棒で突き出しています)












それでは、全ての結果を一気にご覧ください!















わかってはいましたが、

「大きな面光源」ほど、「顔」全体に均一に照射できてますよね。
そして、大きな光源ほど、「影」のグラデーションも滑らかなようです。

だからといって「大きな面光源」が一番偉いというわけではなく、「撮影意図」に応じた使い分けをすることが大切です。

高演色LED電球「Sh50Pro」 で、「お顔」の影をくっきりだす「力強いライティング」もありだということです。ただ、光源面が小さくなるほど、「照射位置」の決定が繊細になってくることもお忘れなく…。(つまり、小さい光は「扱いが難しく」、大きい光は「扱いが簡単」ということ、)




1623 撮影用【丸型】フラットパネルLEDライト
Rpad-450(白)/Rpad-450D(色温度可変型)


1622 撮影用【角型】フラットパネルLEDライト「Vpad」
Vpad-350(白) Vpad-350D(色温度可変型)


rpad112_004 【丸型】フラットパネルLEDビデオライト
「Rpad-112」ポータブル


  039|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro S/V








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, プロ用LED照明機材, 使えるポータブルLED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*