魅惑の「真俯瞰作例写真」大特集!












今までに「真俯瞰(まふかん)」で撮影した作例写真を集めてみました!

まずはTOPから4枚。。

この程度の狭い範囲の「真俯瞰撮影」であれば、「フツーの中型三脚」に「あの棒」をつけると「固定撮影」ができるとおもいます。そんなに難しくはないでしょう。。DIGIPOD 程度の三脚でOK!)













おっと、失礼! あの棒とは、「三脚用 せり出し棒」のことでした。。。




1575 三脚用せり出し棒

「三脚用せり出し棒」を使う時は、バランスが悪いと「転倒する!」と考えて、「カメラの重さ」「三脚の強度」「せり出し量」「バランスをとるウェイト」を留意して、慎重にご使用ください。
















お次は少し広い範囲。このように撮影範囲が広がると、中型三脚では「せり出し棒」で、目一杯せり出しても厳しいです。。つまり、高さが足りない。。このため、三脚はかなり大型のもので、高く上げる必要があります。








デルモちゃんの「置き撮り」。。 そして、もっと難しい立ちポーズの真俯瞰。。






「真俯瞰撮影」も、このレベルにまでなると、もはや「棒」ごときでは「固定撮影」が「不可能」です!(すご〜く、高く上がる必要があります..)

ちゃんとした「写真撮影用スタジオ(あらかじめ真俯瞰撮影をおこなうことを想定しているスタジオ)」で、高いところから「真俯瞰」ができる大規模設備が必要です。

残念ながら、この撮影は、アマチュアの方はやめておいたほうがよいです。(いろんな、大掛かりなことをする経験が必要…下に人がいるわけだから落下物にも気をつけなきゃいけないしね…事故がおこる可能性があるので、真似なさらないようにしてください)





今回、お見せしました「全ての写真」は、以前、本ブログのどこかで使ったものです。詳しい撮り方を知りたい場合は、「血眼(ちまなこ)」になって、同じ写真を探し当ててください。(← 2200以上の記事から探させるって…意地悪だよね…..)






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, 三脚, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*