落ち葉を投げてHSS!(ハイスピードシンクロ)


「動画」と「写真」の境い目があいまいになっている昨今、「写真」ならではの手法というものがあります。

それは、

物体を止めること!

兎角「静止画」と蔑まれているようですが、
この歳「静止画上等!」の精神で、ズバッと時を止めてやろうじゃないですか!!!











というわけで、ズバッと落ち葉を止めてみました!

使ったカメラ機材は、SONYα7R2 + ライカ エルマリート-R28mm。 シャッタースピードは1/8000秒。(ISO400、絞り:f5.6)

でも、それだけじゃ、こういう絵にはなりません。















直射日光がないここでは、このようになってしまうだけです。














そこで役立つのは、ハイスピードシンクロ(HSS)
尚、HSSをするには「対応機材」が必要となります。















また、ラジオスレーブ送信機は、必ず使用カメラのメーカ用のものを使う必要があります。















今回、Godox Xシステム対応のストロボのSONY用(受信機内蔵)を使いましたが、「マニュア調光発光」で「HSS」をおこなう場合は、Godox Xシステム対応のストロボなら、他メーカー用(受信側)でもHSS可能となります。 (TTL発光を使う場合は、カメラのメーカー専用を使う必要があります)














今では、このような「ハイテクな機材」があるので、お手軽にHSS撮影ができるのです!ありがたいですよね。。

なお、「落ち葉」を舞わせる方法は、落ち葉を鷲掴みにして「エイ!」と投げるという、極めて「原始的な方法」なのでした。。(右手でカメラレリーズね…)








Godox TTL対応ラジオスレーブ【X1】

Godox V860 II(TTL対応モデル)

↓ 現在品切れですが、これでもHSSはできます!(マニュアル調光のみモデルね)
Godox V850 Ⅱ(GN60.Xシステム・マニュアル調光モデル)

↓ シューが壊れたクリップオンでも使える奇跡のアンブレラホルダー
(SONY用ストロボシューはプラ製なので簡単に割れます..)

1446 パン棒付スピードブラケットぉ〜







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 秀逸!バッテリーストロボ, 噂のラジオスレーブ(&レリーズ) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*