「ひょいと」如意棒でRX0を高くあげて「新品の道」を撮る!


【お知らせ!】
昨日のブログ記事で告知した「セミハード・キャリングケース75」ですが、昨日のブログ記事更新直後売れてしまい、またまたすぐさま「売切れ」となってしまいました。。

ですが、遅れて本日到着した荷物で、「セミハード・キャリングケース75」が届きましたことを、ここにお知らせいたします。ただ、また1個なので、欲しい方は急いでGETしてください。宜しくお願いいたします。(またまた、売切れてたらゴメン..です)

セミハード・キャリングケース 75













3m伸びる棒の「如意棒」で、こんな装置を作ってみました。

先端に、SONY DSC-RX0をつけて、下側に取り付けた「iPhoneX」&スマホアプリ/PlayMemories Mobile iPhone/Android対応 ) を使い、カメラにWi-Fi接続し、「プレビューモニタ」と「シャッター」として使おうと考えています。
















カメラは、NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台ハーフダボ で「如意棒」の先端に取り付けます。カメラ落下を防止するために、「細いワイヤー」を命綱にしています。(ストラップ穴を利用)














「如意棒」の下部、持ち手あたりに、iHolder plusMetal Arm “ATOM”蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)を取り付け、iPhoneXを固定します。














この道具を「ひょいと」持ち上げ、昨日出来たばかりの新舗装の道を撮ってみましょう。(カメラが軽いので、軽々と持ち上がります。iPhoneXの画面を見ながらフレーミング&シャッター)













こんな原始的な道具で、簡単におおよそ120mの「新品の道」が写せました!













少し前にゴルフ場のバンカーをSONYα9で同じようなことをしましたが、カメラをRX0にすると、レベルの違う「お手軽さ」になることがわかりました。

如意棒撮影も日々進化しております。。





1625
如意棒(伸縮式背景紙棒 1.25-3m ダボ穴付)


NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台

ハーフダボ(type-B)

1438 【 iPhone8 plus & iPhoneX 対応!】iHolder plus

1366 Metal Arm “ATOM”

1025 蟹バサミ型強力クランプ(カニクラ)








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, カニクラ。, アーム, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*