「セミハード・キャリングケース75 入荷しました写真」を何で撮ったのか!?







カメラはもちろん、「長もの」ごと転がして運べる、まこと便利な奴!

「セミハード・キャリングケース75」が入荷しました!!

滅多に入荷しない稀有な奴!

「セミハード・キャリングケース75」が入荷しました!!

一度にちょっとしか入って来ないので、速攻、売り切れてしまう、厄介な奴!

「セミハード・キャリングケース75」が1個だけ入荷しました!!

速攻で売り切れてしまう、厄介な奴!

なお、今回も早い者勝ちです。


※既に売れちゃって、なくなってたらゴメンね….
セミハード・キャリングケース 75







えー、このケースの入荷話はとっとと終わりまして、ここからは、
トップの正しい商品写真をどーやって撮ったのか!? のお話をします。













ライティングは、こんな具合です。

紗幕200×130cm に「突っ張り棒」を通し、「軽スタ」の先端に「輪ゴム」ドメをして、紗幕を縦に垂らしています。

撮影用LED電球Sh50Pro(VでもSでも可) を縦に3灯列べて照射しています。
※ちなみにスタンドに縦に列べて固定する方法は、 こちらのブログ過去記事 でお伝えしています。

※LED電球は、撮影用大光量45W高演色LED電球でも、構いません。



1407 紗幕200×130cm

  039|撮影用大光量50W高演色LED電球 Sh50Pro S/V

1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 70-200














逆サイドは、大きなレフ板(3×6のフォームコアというもの、弊社取り扱いなし)で影をおこしています。

ライティングはこんなもんで、いつもとそう変わりません。






が、一つ大きく違うところがございまして…..。



















TOPの正しい商品写真は、iPhoneXで撮りました!iHolder plusで雲台に固定)

定常光の「キレイな光」さえ作れば、スマホでもなんとかなるってことです!!










ちなみにですが、デュアルレンズのiPhoneXもしくは、iPhone plusでは、商品撮影をする場合、必ず「×2」にして撮りましょう。















同じ位置から、×1の28mm広角レンズで撮るとこうなりますから。。(X及びplus以外のiPhoneではこの絵になります)

寄ればいいんじゃないか!?って??、













商品の形がわからなくなるくらいひん曲がっちゃいました….
(((((((( ;゚Д゚))))))))


こーなっちゃうから、広角レンズで寄らない方がいいですね。(XやplusじゃないiPhoneの人は、引き気味で撮るしかありません。以下の過去記事を参考にしてください..)

【 カメラの盲点/前編 】広角レンズでモノの歪みのない画像をつくる方法
【 カメラの盲点/後編 】iPhone(スマホ)でモノの歪みのない画像をつくる方法





shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: プロ iPhone カメラマンへの道。, 機材ケース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*