「地上90cm」という全身ポートレイトの絶対高度。









え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中野の学校の学校案内パンフ撮影5日目。累積疲労で身体がヘロヘロです。





「全身ポートレイト」における「絶対高度」というものが存在してると、、何となく感じております。何故ならば、、、カメラ高度は、いつもそうなっているからです。逆をいうと、レンズを「水平」に構えると、必ずそうなるからです。

なぜ、「水平」に構えるのか? それは、過去記事(下記)にありますので、そちらをごらんください。

いい写真が撮りたい人へ、【第二回:全身ポートレイトの正しいカメラ位置「背丈半分/水平狙い」は基本だよん〜】




DIGIPOD アルミ4段三脚 を、その条件(90cm)にするには、1段脚を伸ばして、センターポールで高さを調整します。















唐突ですが、今年の1月15日の岡山県日生港(頭島)の写真。多忙のため、やむおえず「蔵出し素材」を使います。(切羽詰まっておりまして…)

実はこれも「地上90cm」から「レンズを水平」に構えた状態です。(撮影前に、舞台を準備..)













「カメラ高度」と「水平」を維持するためにも三脚使用は有効な手段です。(だから、プロは三脚を使うのね..)
※私の場合は、マニュアルFレンズしか使わないので、フォーカスキープのためでもあります。

中 居 = 撮影者
カメラ = SONY a7R2 + ライカ ズミクロン-R50mm
三 脚 = DIGIPOD アルミ4段三脚( 雲台は prospine ね。)














で、撮れた4人の全身ポートレイト写真はこちら! 全身写真が、とっても正しく撮れているとおもいます。

日生(ひなせ)の漁師さんたち(牡蠣関係の方々)、繁忙期のお忙しい中、お昼休みにご協力していただき、本当にありがとうございました。。。。






ところで、この日(1月15日)、とても温暖な気候の瀬戸内・日生。のはずだったのですが、年1降るか降らないかの雪が、この撮影時には、吹雪いてしまうのでした…..。(北の漁師っぽくなっちまったぜ..)







↓ まさかの三脚バナシ3連発。。つか、それくらい重要な撮影機材ということなんです!
1606 DIGIPOD アルミ4段三脚(雲台付)








↓ これは営利目的なブログです。よろしければ、魅惑の商品を積極的に見ていって、おくれやす・・・(今の時期、中居はほとんどおりませんが、優秀なスタッフが発送しますので、通常通りお買い物はできますし、通常通り、商品は届きますので、よろしくお願いいたします。。。)
shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 三脚, 撮影術, 撮影の基本の知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*