「フラッシュ・オン・ザ・テーブル」の必需品とは?










本日のお仕事撮影は、インタビューを受けてる人の「人物撮影」。

この手の撮影は「会議室」でおこなう場合が多く、大きなテーブルがあり、照明のスタンドが床に立てられないことが多くあります。。

プロカメラマンの方なら、ご存知ですよね!?















その話は一旦置いておいて、、、今日使った照明機材をご紹介します。 【039】アンブレラホルダー「V-twin」 に、無線で発光できるクリップオンストロボ( Godox V850 )を2台使用。 弊社自慢の優しい光を放つ傘、天使のアンブレラ Silky WHITE-100 で傘バウンスした、ストロボライティングです。

傘が人物に寄せられる環境であれば、クリップオン1灯でも良いのですが、人物からストロボを離すと出力が高くなり、リサイクルタイム(チャージ)が遅くなってしまうので、やはり「2台使い」は何かと安心です。(V850は、Li-Ionバッテリー駆動なので、チャージはフツーより遥かに速いんですが、、、、人物の場合、それでも待てないことがあるものでして..)

それに照射面積が2倍になるので、傘の「上部担当ストロボ」と「下部担当ストロボ」に分けることで、白傘のポテンシャルを最大にあげることができますし。。















ライトスタンドは、電車でも軽々持っていける、わずか600gのエアリ〜なスタンド、【軽スタ】軽量ライトスタンド 82-185 を選択。だって、混んでる「ゆりかもめ」に乗って取材先までいくのに、重いのはイヤなんだもん…。(機材の重さのボトムネックはライトスタンドだと考えております、はい。)















(ここから話はもどる..)

取材相手に立ちはだかる大きなテーブル問題を回避するには、スタンドをテーブルに乗せるという「荒業」をする必要があります。

人んちのテーブルの上にそのまま、ストロボが付いたライトスタンドを乗せるのは、「乱暴なカメラマン」に思われてしまいかねません。

かといって、伝統的なアノ手法を使ってもいいのですが、「なんだかなぁ〜」感が漂うのも、あまりスマートな作戦ではないのではないかと考える次第であります!(それに「テニスボール3個」って、かなり嵩張りますからね)















テーブルに「キズを付けず」に「黒い擦り跡」も残さない! さらに「つるつる面」でも「横スベり」なし。驚くほどスタンドの安定力が増します。

相手先への「気遣い」をおこなった結果、思わず全く「スベらない」という有能な機能を得てしまった。。って感じですが、アナタも一度使えばコイツの虜になることは間違いないとおもいます。。。

※もちろん、先方様には、この道具をつけた上で「テーブルの上に乗せていいですか?」的な許可を得ています。






【 床キズ防止&強力グリップ力! 】ライトスタンド・ブーツ(3個セット)

※【軽スタ】で、S(Φ18mm)をご使用の場合は、半分差し込むだけで、完全に差し込まないでください。(ジャストフィット過ぎて、外すときに先の黒いプラパーツもろとも外れて難儀しますもので、、、)




↓ 2灯使いは何かと安心。なんだったら3灯使える奇跡のアンブレラホルダ
【039】アンブレラホルダー「V-twin」

↓ 傘バンでも美しく優しい光を放つ特別な傘
SilkyWHITE-100 天使のアンブレラ Silky WHITE-100

↓ 機材の総重量のボトムネックに改革を!
1304_L 【軽スタ】 軽量ライトスタンド 82-185








shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, スタジオ撮影用品, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー, 照明周辺機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*