「E26ソケットシュー」を撮影用E26照明機材で使ってみると..









例えば、E26ソケット【STRONG!!】で、E26ソケットシュー(039)を使ってみると….














フツーのアンブレラホルダーみたくなります。(若干、本末転倒感がありますが…)

それでは、次にもう少し「上級編」をお見せいたしましょう。















撮影用大光量45W高演色LED電球【Ra95/E26】 を入れた、E26ソケット7灯式 80cmオクタゴン・ソフトボックス の、真ん中だけにE26ソケットシュー(039)をつけて、無線発光できるクリップオン( godox V850 )を取り付けてみました。
















それでは、点灯させてみましょう。

うっ!! あ、明るい!!!

夢の「明るい定常光(デイライト)+瞬間光(ストロボ)」のハイブリッドライトです!

1灯減って6灯ですが、それでも定常光の出力は「2kw超え」ですから、十分明るいのではないかと、、、、















オクタゴン・ソフトボックスをつけて、クリップオンが「まっすぐ直打ち」だと、ディフューザーに近すぎるため、曲げて横の銀にバウンスしてみました。














結果、2kw相当のLED光は、まんべんなく回りましたが、ストロボ光は、半分に偏ってしまいました! うーん、何か工夫が必要そうですね。




そうか! 「逆パターン」って手もあったね。。 (↑の撮影のずいぶん後になって気づく…)




つまり、、、














「逆パターン」とは、こーゆーことで、、、、、













こーゆーこと!!(ど~え~!!!!!)












で、カッコイイけど、これってメリットあるの?


【メリット①】
人物バストアップを撮ると、キャッチライトがお目目に点点が輪っか状に可愛く入る(はず..)

【メリット②】
1灯の時に比べ光量が2.5EV明るくなる。

【メリット③】
瞬光スピードを最速にできる(全て最低出力に設定= 1灯だと最低だと暗すぎる..)


※①と③はLEDは消してつかうこと。
※③の詳しくは、以下過去ブログをお読みください。
「クリップオン6灯使いの理由」と「SONY α7RIIの弱点」(前編)







で、元々の問題のソフトボックス使用時のストロボの光のムラは、
全てのクリップオンを外フリ(銀バウンス)
にすれば全体にまわり、解消されるとおもいます。

(写真をとるのを忘れた。ので、解説写真は無し….かたじけない…)







↓ フツーのソケットでクリップオンを!世界を驚かせる発明品!「E26ソケット → アクセサリーシュー変換」
E26ソケットシュー(039)




↓ 弊社が誇る「E26ソケット機材」達!!
E26ソケット【STRONG!!】
(メスダボ仕様/ねじ穴付シュートダボ付)


1289 よつまたクラスター(四つ又ソケット/E26)


E26ソケット7灯式 80cmオクタゴン・ソフトボックス


e26softbox-sq60cm_001 E26ソケット 4灯式ソフトボックス [SQ60cm]







shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: LEDライト機材, ストロボ&フラッシュ関連, クリップオンストロボ用アクセサリー, プロ用LED照明機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*