TTLクリップオンで簡単!「フロントトップ・バウンスライティング」という新技!










んん? こっちにカメラを向けて、いったい何をするつもりかな?















お! 丸いのが光った!! こっちが写真を撮られたってことか!?















横から見ると、どーなってるのかよくわかるかな。

ほーほー。 実はコスパがスゴく高い、フツーの丸レフ100cm が、伸縮式レフ固定アーム で、こんな角度で固定されていたのね。( 土台は、ベーシック・スタンド 70-240ウェイトケース「KURO」(in ペットボトル)














また光った! この角度から照射するということは「フロントトップ」ってことだな。

でも、どっから光らせてるんだ??













カメラのホットシューにクリップオン・ストロボ( Godox V860N )がつけられているぞ。フツーだなぁ。。

あ、でも「TTL対応」のクリップオンのようだが…。













また光った!

あ、そうか! このやり方だったら、な〜んも考えずに、TTLまかせで、直径100cmのフロントトップ・バウンスライティング(人物撮影用)ができるってことかー!! 考えやがったな!

しかも、タテ位置でもヨコ位置でもフロントトップになるといふ、、、












もちろん、レフ持ってくれる「トモダチ」がいる人は、同じ角度に「丸レフ」を手で持ってもらっても同じことができます。あなたにそんな親切な「トモダチ」がいれば、、の話ですけどね。






↓ トモダチがいなくてもレフ固定できるよ!
1424 伸縮式レフ固定アーム

↓ 実はかなりお安いと思うんですけど..(まだ、そのことがあまりバレてない..)
フツーの丸レフ100cm(白/銀)



1388 ベーシック・スタンド 70-240

1570 ウェイトケース「KURO」





※今日はモデルになってくれる「トモダチ」がいなかったもので、残念ながら「作例なし」です。。おって、仕事でこの技を試みますから、それまで作例は待っててね。






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: レフ板, ストロボ&フラッシュ関連, スタジオ撮影用品, 秀逸!バッテリーストロボ, 照明周辺機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*