こーゆー「ねっとり感あるブツ写真」を撮る秘密とは!?












すごく不思議な写りの写真だと思いませんか!? なんだかリリカルな雰囲気。。。 どーやったらこんな嫋やかな世界を作り出せるんでしょうか!?

というわけで、今日はこーゆー「ねっとり感があるリリカルなブツ写真」の撮り方の秘密をお話いたしましょう。(太っ腹〜!)














ライティングのセッティングはこんなかんじね。。












ぺらっと、中身をお見せしますね。














基本的には、昨日(10日)と一昨日(9日)のブログのセットとほぼおなじ。(大きな天紗幕)今日は背景紙(1.35m幅の白)をアールをつけて、敷きましたけど。。。あまり、同じことをいうと、クドい感じになるので、照明の具合は以下のブログ(昨日と一昨日)で確かめてくださいね。

ブツ撮りにおける黒布の役割
反射物(ミラー)じゃ「ディフューザー」をきっちり張ること!















カメラボディは「SONY α7R2」。だけど、カメラはさほど重要ではありません。ただ、フルサイズ機であったほうが好ましいですが..。















このねっとり感を生み出す秘密は、ただ一つ! ライカ ビゾ用レンズのエルマー65mmF3.5を使うこと!

ホントそれだけ、、、、、私が、このレンズを「エルマー様」とお呼びしている理由がお分かりいただけたでしょうか?

※モザイクの機材は気にしないでください。ただの未発売のラジオスレーブなだけですから…








↓ 今回、α7で使ったのはコイツ!
1439-25viso
Sony Eマウント用マウントアダプタ【Leica Visoflex】


↓ まほうの写りのエルマー様は、ニコンD810(フルサイズ)でも使えるんだぜ!
1168 《高精度》ビゾII&III型-Nikon Fマウントアダプタ


↓ ということは、当然EOS6D(フルサイズ)でも使えます。。
1167 《高精度》ビゾII&III型-EOSマウントアダプタ



※なお、エルマー様本体は「中古カメラ屋さん」か「オークション」で調達してくださいね。
そこそこお高いので覚悟してくださいね..まほうの写りが欲しいなら、それなりの覚悟(出費)が必要なんです。






shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: ストロボ&フラッシュ関連, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, クリップオンストロボ用アクセサリー, 頃合いの良いアンブレラホルダー パーマリンク

こーゆー「ねっとり感あるブツ写真」を撮る秘密とは!? への2件のフィードバック

  1. あや のコメント:

    こんにちわ!いつも参考になる記事をありがとうございます。
    レンズの先についてる黒いテープってどういう役割なのですか?
    このゴルフヘッドの撮影シリーズとても面白いです!
    ミラーとか黒ツヤツヤの撮影セット、なるほどと思いました。

    私もSONY α7+ズミクロン50mm60年代のやつです、
    沢山のライカレンズ羨ましい!

    • 中居 中也 のコメント:

      トップライトのハレ切りです。昔のレンズは極端にハレーションに弱いので、切りまくった方が良いですよ。(ホントは、横や下も黒入れたかった..面倒だったので…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*