ブツ撮りにおける黒布の役割










エーーー、昨日の撮影が今日も続いておりまして、、、、

で、いきなり白い布がみえておりますが、、、、

白い布をめくってみると・・・・・・・・・・。















ペラっ!

手前の白い布は裏側が黒い イージー・ロールレフ 190 × 130cmのオプションの替布(SilkyWHITE / ブラック)でした。。

左右の黒布は、ずいぶん昔に西日暮里の生地屋さんで、買ってきた黒い生地を4mに切ったモノ。。。つまり、ウチの商品ではありません。














とにかく、手前、左右が、黒布で囲われている部屋になっていたんですね。















後ろからみると、こう!















光源は昨日のストロボ機材なので、説明は割愛しますね。


で、これでどんな写真が撮れたかというと・・・・・・・・
















こぉ!

ゴルフのドライバーヘッドのように、球体の全方向映りものはとんでもなく、面倒なのですよぉ。

みなさんに分かりやすく解説すると、
















こぉ!

「黒」って、気にもしなかったかもしれませんが、プロの世界じゃとても大切。。特に映りもの被写体では、「黒」がなくては、上手に撮れないんですよぉ。。

※仮に、白で囲んじゃうと、その白(レフ)の形がまる映りになるし、光源とも分離するし、モノの形がわからなくなってしまいます。全発光の自然なアールな光源があるなら別でしょうが…..(不可能に近い….)










shop-top

nomi

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: レフ板, ストロボ&フラッシュ関連, スタジオ撮影用品, 最強!スーパーアンブレラ, 秀逸!バッテリーストロボ, 撮影術, プロカメラマンに役立つ話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*