「値段のわりにヘロくない小型自由雲台」の取り扱い中止の理由と「NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台」取り扱い開始のお知らせ


hikaku01






実はワケあって「値段のわりにヘロくない小型自由雲台」の取り扱いを休止しておりまして、、、その替りを探してやっとやっと見つかりました!



その名も「NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台」!!
(NEWが付いただけね・・)


変更点は、胴回りが3mm大きくなって、更にしっかりしました!






hikaku02




底のねじ穴が、三脚の根っこによく使われる、太ねじ穴(3/8インチ)になり、付属変換ねじでカメラねじ(1/4インチ)にする仕組みになりました!!よりプロライクになりましたな!!(そのかわり、M4ねじ穴2個は廃止)



ここで、どうして「NEW」に替えなきゃいけなかったのかの理由を、正直にお話しますね・・・・。



1000円位で売られている小型自由雲台は、正直ちゃんと止まらなかったり、力が弱いのがフツー。。。しかし、「値段のわりにヘロくない小型自由雲台」はその名の通り、1000円位にもかかわらず、そこそこちゃんと止まって、700g位はヘーキで固定できてました・・・。



ん??できてました・・・って過去形の意味は????




barashi



旧製品をバラすと、このようなパーツでできてます。



で、問題は、



ball01



このボール・・・。角度を変えてみると・・・。



ball02



分かりにくいですかね・・・。じゃ、コレをご覧ください・・・。




ball0102



え~~~~~~!場所によって、高さが違う!!!!!




そーなんです、販売当初よりボールの精度がかなり悪くなり、球から遠くなってしまいました。この結果、ちゃんと固定できる箇所と、固定できない箇所が発生!




ただの、ヘロ雲台に成り下がってしまいました!!!!





ボールの精度を上げられないか、と製造工場に問い合わせたところ、これ以上は無理とのことでして、止む無く取り扱い中止を決定した次第です・・・・。







1600





そこで替わりに、必死で探してきたのが、コイツ!「NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台」






1600_03




つばがプラ製になったのは少々残念ですが、要はちゃんと足します。更にしっかりしたことは違いありません!





1600_05




カメラとレンズ合わせて900gのフルサイズミラーレス機を余裕で固定してくれます。(旧製品は700gまでとアナウンス。新型は、1kgくらいは大丈夫ではないかと・・)





1600_04




しっかりした分、販売価格が上がってしまい、千円台前半(税抜)となってしまいましたが、「値段のわりにヘロくない」をうたっていることには自信を持っております。



流石に重い一眼は無理かもですが、kissなどの軽い一眼やミラーレスのカメラ雲台としても十分機能しそうです・・・・。




いずれにしても、コスパが非常に高い「NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台」は、スター選手になってくれると私は信じております・・・・・。





NEW 値段のわりにヘロくない小型自由雲台








shop-top

new-blog


【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: 接続系機材の世界, 照明用雲台 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*