自由雲台付きカニクラ。新種発見!



$有限会社パンプロダクト|デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

カニクラ(蟹バサミ型強力クランプ)に自由雲台がついた!!
これはあると便利です。

タイトルでは、発見!と言っていますが、
それはウソです。大げさで、すみません。

既存の「カニクラ」と先日入荷した「値段のわりにヘロくない小型自由雲台」を「ステンレス製六角穴付きカメラねじ」で合体させました。
だから、当然分解可能!六角レンチでばらせます。

軽いカメラ(700g程度)なら、車載用の固定や定点カメラ、
三脚が重くて持っていきたく無いとき、コレは使えそうですよ。(雲台+クランプ=220g)
ストロボやポータブルLEDも装着できるので、いろいろ便利なこと間違い無し。


トップの写真はLUMIX DMC-GF1に、マウントアダプターとSUMMIRON-R 50mmを装着している様子です。重さは722g。ちゃんと固定できています。
Canon EOS kiss X4(バッテリー含む約530g)+EF-S18-55 IS(200g)なら、固定できそうです。
組み合わせだとこのくらいの重さが限界でしょう。

$有限会社パンプロダクト|デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

1,000円しない雲台がついているワケですから、許してください。
で、この商品(自由雲台付きカニクラ。)の気になる価格は、4,000円を切る価格でご提供します。
バラで買うより、お得になっています。

$有限会社パンプロダクト|デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

コレよりもっと、しっかりさせたい場合はどうすればいいのでしょうか?
答えは簡単です。雲台を良いものを取り付ければ良いのです。

$有限会社パンプロダクト|デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画
Leica自由雲台との組み合わせで、2kg以上を固定!

私はライカの自由雲台を使用していますが、カニクラと組み合わせてもしっかり固定できています。
しかしながら、この雲台少々値段が高いという問題と、縦位置で緩んでしまう構造上の欠点があります。
弊社での取扱い品ではありませんが、
オススメは「梅本製作所:高精度自由雲台SL-40ZSC」
これは値段が安くて優秀だと思います。縦位置でも緩まない仕組みになっています。


→梅本製作所 ネットショップ

カニクラと組み合わせると、700g以上の一眼レフでも、ちゃんと固定できるでしょう。
無敵になりますよね。

【 POINT! 】
カニクラがはさみ可能なパイプ径はΦ10~37mmですが、
ジャストフィットするのは、Φ20~30mmだと考えてください。


梅本製作所の標記自由雲台は「太ねじメス(3/8″)」なので、
「カメラねじ(1/4″)」ではなく、「太ねじ(3/8″)」と組み合わせるほうがしっかりします。
ということは、「ステンレス製六角穴付き3/8”ねじ」が必要になってきますよね・・。
今、書いていて、気がつきました・・・これじゃあ、片手落ちです!

弊社販売ページに、それは置いていないので、至急手配します。
少し待ってください。。

追記:「ステンレス製六角穴付き3/8”ねじ」はもうあります!




“自由雲台付きカニクラ。”とか売場へGO!!!

接続系機材の貴公子”ねじ類”

カテゴリー: 接続系機材の世界, カニクラ。, ねじ類 パーマリンク

自由雲台付きカニクラ。新種発見! への2件のフィードバック

  1. MORATO のコメント:

    凄く魅力的な商品なのですが、40㍉のパイプに固定出来る、
    一回り大きなタイプは発売されませんか?
    スポーツカーのロールバーの太さが大抵40㍉なので、
    車載カメラ固定に困っている人達に、かなり需要有ると思いますよ!
    是非検討してみてください!

    • 中居 中也 のコメント:

      大きなクランプ(スーパークランプといわれるもの)は製品としてあるのですが、大きすぎる欠点があります。中くらいのクランプは製品自体がありません。こちらとしても欲しいところではあるのですが・・。見つけ次第仕入れるつもりでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください