まもなく発売される「SONY RX0 II」は「撮影最短距離」が 50→20cm と 半分以下 になりました!って検証。



モデルの 桂華ちゃん です。手に持っているのは、一部のおっさんマニアにしか売れてないマイノリティーカメラ、あの「SONY RX0」と……….あれあれぇ、、、、「RX0 II」ではないですか!!!!

しかも、パラレルツイン(並列2気筒)で…!!(← その言葉自体、昭和生まれのおっさんしかわからんし..)


これです!まだ見たことない人多いでしょう..。ワケあって SONY様 からお借りしているものなんですが、今日から、ちょろちょろ「RX0 II」の本当の話(実際の使用感など..)をお伝えしていきますね。


RX0 IIの主だった特徴は、SONYさんのHP でご確認ください。で、私がちょろちょろお伝えする、のはIIになって進化した特徴の一つ「最短撮影距離が50cm → 20cm」へと半分以下に飛躍した点の実際をお伝えしようとおもいます。

そのために、わざわざ「パラレルに配置」できるちょうどいいブラケットを作りました。特性比較装置です。プラ製のブラケットをアクリルカッターで切って、ねじをつけただけなんですけどね。。。



SONY レリーズケーブル VMC-MM2 を RX0とRX0II に接続してシャッターを同期させています。つまり片側をレリーズすると「同じ瞬間の写真が撮れる」ということ。比較ものにはありがたいケーブルですよね。瞬間まで同じということは、見ている人にわかりやすいですもん。

で、これから設定は同じにして、撮り比べをしてみることにしました!JPG撮影で「完全無編集画像」をお見せいたしますね。

写真をクリック→ 大きな画像 が表示!

この程度の距離では「初代RX0」でもピントが合います。50cm以上ありますもんね。

写真をクリック→ 大きな画像 が表示!

ここまで寄ると、初代は厳密にいうとピントが合いません。写真をクリックすると、幅3000pxの大きな画像が表示されますから、そちらでお確かめください。

写真をクリック→ 大きな画像 が表示!

毒がありそうなクラゲさんを近くから撮りました。むむ、小さい画像でもわかるくらい初代はピントがあっていないようです。

写真をクリック→ 大きな画像 が表示!

また違った毒がありそうなクラゲさんを近くから撮りました。これはその差がもっとわかりますよね!?


とまぁ、今日はここまで…..。ここんとこ、ブログ以外の執筆活動がたてこんでまして、ちょろちょろ出し、、で乗り切ろうと思っている次第です。なお、肝心の「RX0 II」の発売は明後日4月12日みたいですよ。

ひとこと言わしていただくとRX0IIは「Buy Now!」で、絶対損はしないカメラだと、私は思います..。(約1年半前、初代RX0を予約し発売日当日入手して、使い倒している私が言うんだから間違いないですよ..。少しお高いですが、今でも本当に買ってよかったと思っています。IIは、今日はちょろっとしか書いていませんけど、超絶進化していますから..この先は、RX0IIの私の知っていることを小出しにしていきたいとおもいます….)






あかーん!!こんな記事書いていても商品はなーんも売れん!!!できればショップも見ていっておくんなまし。↓


nomi

new-blog

【twitter】パンプロダクト新着・再入荷専用アカウント
→https://twitter.com/panproduct
滅多につぶやかないのでウザくなーい!最低限の文字数で淡々と情報のみをお届けします・・

facebookページやってまーし!(ログインしてほめてくださーい!)
→https://www.facebook.com/panproduct


 

カテゴリー: カメラ&レンズ, ソニー α9 & α7 & α7R & α7R II & RX0 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください